子育てパパのブログ日記(Blog・Trek)

ブログをお引っ越ししました。


ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
駒大苫小牧高校野球部長の暴力問題不祥事。大人社会が悪い!
デイリースポーツonline
 全国高校野球選手権大会で2連覇を達成した駒大苫小牧高校の野球部長(27)が3年生部員に暴力を振るった問題で、同校の教頭が被害者の部員に「(たたかれた回数を)3、4発にすれば秋の大会には出られるかもしれないが、それは事実を曲げることになるよな」などと、圧力ととられかねない発言をしていたことが24日、分かった。(中略)被害部員は「20回以上殴られたのは間違いない」と証言。この部員は札幌市内の病院で診察を受け、外傷性顎(がく)関節症と診断されたことも分かった。(以下略)
 今回の全国高校野球選手権大会は、内容がよく素晴らしい大会でしたが、「日本航空高校の暴力事件」「明徳義塾高校の大会直前の出場辞退」「中山文部大臣が開会式で野球留学を批判」「広島代表の高陽東ナイン発案の原爆忌の黙とうでの行き違い」など色々なことが起こった大会になりました。
 そして、優勝校の駒大苫小牧高校で起こった暴力問題

 駒大苫小牧高校で起こった一連の不祥事は申し開きできるものではありませんね。
 暴力を振るった野球部長が悪い。
 事実の開示を適正に行わなかった学校も悪い。
 被害者は怪我もしており、当事者にとって重大な問題であることは間違いありません。

 ただし、事実が情報公開される必要はありますが、テレビや新聞に連日大々的に取り上げられるべき問題なのでしょうか。
 もし、駒大苫小牧高校で起こった暴力問題が、(失礼ながら)卓球部だとか将棋部の全国大会での事件だったら、これほどメディアに大きく取り上げられるのでしょうか。
 このところ、毎日のようにおきる日航機のミスやイレギュラー運行、道路公団の官製談合事件などと駒大苫小牧高校野球部の事件を比べれば、どの事件に注目すべきは自明の理だと思います。

 野球というスポーツがポピュラー・メジャーあることや、娯楽が少ない時代から国民に広く愛されてきたという歴史的経緯から「高校野球」は人気が高く大々的に取り上げられていますが、シンプルに考えれば高校生の部活動の一つに過ぎないですよね。
 「高校野球に取り組む生徒のひたむきさが好きだ」と言っても、ほかの学生スポーツも変わりはありません。

 ではなぜ高校野球が別格扱いなのか?
 「高校野球」は、前述の理由で人気が高いと言うこともありますが、なにか高校野球そのものを権威づけたり、必要以上に神格化するから、単なる部活動が社会的な大事とまで取り上げられているのではないでしょうか。
 では、誰が高校野球を神格化するのか?
 「朝日新聞」「毎日新聞」というメディアが主催し、大きな資金が投じられてコマーシャリズムに乗っているために商品価値の担保として「大会の伝統と権威」を保持し続ける必要があるのかな。

 もう一つの主催者「日本高野連」も、高校野球大会の運営を司る「競技団体」にすぎないのに、「朝日新聞」「毎日新聞」という巨大なスポンサーをバックにした「高野連」自身がアマチュアリズムを所以にして大きな権威を維持し(意識的か無意識かは別にして)続けている。

 日テレ系ドラマ「女王の教室」の劇中で「連帯責任」を強く打ち出して子供を管理しようとする鬼教師のような「高野連」が運命を左右できる状況の下では、参加校側に何か都合の悪いことがおきたとき、必要以上に萎縮するか取り乱すかして不祥事を隠蔽しようという動きが出るいるのではないでしょうか。
 また、高校野球という「権威ある大会」であるが故に全国的に取り上げられることが容易に推測でき、関係者が平常心でものを考えることを困難にしているのではないでしょうか。

 高校野球が国民から特段の愛情・興味を持って見られることは喜ばしいことですが、関係者が金縛りになるような状況は解消して、子供たちが伸び伸びと野球に取り組めるような環境を作ってあげたいものです。

 とにかく、ここ数日、罪のない駒大苫小牧高校野球部員が苦しんでいるであろうと思うと言葉がありません。
 連日メディアが押し掛け、まるで犯罪者になったような気分の生徒も居るに違いないと思います。

事を起こしたのも大人。
 事を大きくしているのも大人。
 不可思議な権威に踊らされ、踊っているのも大人
 高校生の心に暴力を振るっているのも大人。


 混乱を大きくしてしまった大人は、このような状況を一日も早く沈静させ、駒大苫小牧高校野球部員達を苦しみから解放してあげて欲しいと思います。

 Yahoo!ニュース - 読売新聞 - 教頭も不適切言動、駒苫に反省と謝罪要求…高野連
教頭も不適切言動、駒苫に反省と謝罪要求…高野連 第87回全国高校野球選手権大会で連覇した駒大苫小牧(南北海道)の野球部長(27)が部員に暴力を振るっていた問題で、日本高等学校野球連盟(高野連)の田名部和裕参事は25日、学校側からの報告書について、30日までに提出されなかった場合、同校の秋季北海道大会出場の道が閉ざされることを明らかにした。また、同校の教頭が、殴られた部員に事情を聞いた際、「(殴った回数を)3、4発にすれば、後輩たちは秋の大会に出られるかもしれない」などと言ったとされることに関して、不適切な言動として、北海道高野連を通じ、反省を求める指導を学校側に行ったことを明らかにした。田名部参事は「高校野球に対する認識が全く出来ていない」と指摘した。
 フーム???「高野連」自身も一度冷静に「高校野球に対する認識」なるものを考えてみてはどうかと思います。

ミツギロン 雨水タンク50L [EG-24]
ミツギロン 雨水タンク50L [EG-24]


ダイヤ ダイヤ ダイヤ  教育問題記事リンク ダイヤ ダイヤ ダイヤ
「女王の教室」で”起立、礼、着席”
「女王の教室」論争って?
日経新聞の教育問題を読んで
学力低下
中山文科相が開会式で野球留学批判―自分を生かすとは?

「「「「「「「「「「「「 ついつい怒ってしまう記事リンク 」」」」」」」」」」」」」」」
 日航機「部品落下事故」と「国土交通省」(喝!)
 菊間アナと、日航機の8200m緊急降下事故
小矢部市の小1水死事件と、菊間アナ未成年飲酒事件
コラッ!毎日新聞、原爆黙とう記事で高野連に謝罪
菊間アナと、「ヤミ専従」と、ユニセフからピンハネした「経済産業省」

| HOME | 教育・子育て・学校 | 17:31 | comments(3) | trackbacks(3) |

夏休みの読書感想文。課題図書から「お父さんのeメール」

 夏休みもいよいよ終盤。
例によって宿題の〆切が近づいてきた。
 小6の息子は読書感想文(1000字以上)が残っていて、
 「父ちゃん、早く読めて感想文書きやすい本知らん?」と極めて安直でシンプルな問いかけ・・・
 「どアホ!ええ加減にせい」といいながら、息子と一緒に図書館へ向かうことに。

 小生が愛してやまないお気に入りの図書館に「課題図書コーナー」が今年もできていることは織り込み済みなのだ愚かな息子よ!
はっ、はっ、はっ。父は偉大なり!

 で、小学校高学年向け課題図書が並ぶコーナーには、我が愚息と同じくあせって図書館に来ている親子などがたむろしていました。
「課題図書の○○○○ありますか〜」と、本を探さずお手軽に司書さんに尋ねている大人もいる。
親だけで本を探しに来ているのは少し残念。
自分で面白そうな本を探すのも読書の楽しみなのにね。

 我が愚息は、「いい加減な性格」丸出しで、ひたすら薄くて写真や図がたくさん挿入されている本を物色していた。
 小生も、本を探すとなるとじっとしていられなくなり、ついつい息子より先に本に手が出る。
 そして見つけた本が、奥田 継夫 (著)「お父さんのeメール」(ポプラ社 )

 取材で世界中を飛びまわる、旅行ジャーナリストのお父さんが、小学生の息子たちに北南米、アジア、中東、アフリカ、北極圏から送る写真付きの「eメール」が、行き着く先ごとに見開き2頁にまとめられた紀行本。
 この本なら、読書感想文の他にも「世界について調べる」という宿題も一気に片づくと言って、息子は薄ら笑いしていた。
 (愚息の姿に、小生の呪われたDNAの恐ろしさを思い知らされた。・・・・トホホ)
 エッセイ・紀行文なので、読みやすく、息子にとっては「思うつぼ」の本だったようで、読書感想文はめでたく完了。

 こども向けの本だが、せっかく借りたから小生も読んでみることに。
 J・F・K(ウイリアムス、藤川、久保田ではない・・・・ケネディ大統領)が銃撃されたアメリカ・ダラスからはじまる旅の行く先々の「自然、人々の暮らし、歴史、習慣、宗教」までが、息子達を愛おしむ父親の思いを込めて伝えられたていました。
 悪魔の果実ドリアンをおかずに食事して起こったことや中国のトイレ事情などには思わずニヤリ。
 アウシュビッツの話し、ユダヤ・キリスト・イスラム教が混然とするエルサレム、地中海で見たフリーメイソンのしるしなど歴史や世界観に関わる話しなど、あらためて勉強になりました。
 また、アンデス越えのつづら折りの道路の写真や、ベルリンのカイザーウイルヘルム教会の写真は美しく、イースター島のモアイ(なぜかモアイは空を見つめてるように見えた)、メキシコのピラミッドなど好奇心をくすぐる写真も載っていて、なかなか素敵な本です。


 ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」などで、フリーメイソンやキリスト教伝説に最近興味を持っている小生には、マルタ島のどこかしこで、フリーメイソの「目」のマークに遭遇するくだりは、さらっとした文章だったけど面白かった。
 (米国の1ドル札の裏に、ピラミッドの頂点に「目」を描いたシンボルが印刷されてる事を、最近別の本で読んでいたから、なにやら余計に背中が寒いような・・・・)

 アムステルダムの公園に無造作に飾られているジャコメッティの彫刻の写真も掲載されていた。
 中学時代だろうか、校外学習で美術館に行ったときに「ジャコメッティ展」が開催されていて、当時その彫刻を見て「なんだこりゃ????」と思った事を思い出す。(愚かなり我が人生)

 こうして、今年の夏休みも終わりが近づいてきました。
 小6と小2の愚息2名は、今日から長野県に「アルプス子ども会」が主催する4泊5日のキャンプ。
 台風が来ようが槍が降ろうが、とにかく決行のキャンプです。
 自然を満喫して、日本中から集う子供たちと新しい友情を作りにいざ出発!
 居場所と静けさを少々取り戻せる替わりに、少し寂しい5日間になりそうです。

『セサミンE 120粒』は栄養の万能選手であるゴマの貴重な成分「ゴマリグナン」の約半分を占め...
『セサミンE 120粒』は栄養の万能選手であるゴマの貴重な成分「ゴマリグナン」の約半分を占め...


ダイヤ ダイヤ ダイヤ  教育問題記事リンク ダイヤ ダイヤ ダイヤ
「女王の教室」で”起立、礼、着席”
「女王の教室」論争って?
日経新聞の教育問題を読んで
学力低下
中山文科相が開会式で野球留学批判―自分を生かすとは?

ラブ ラブ うつ病通信リンク  ラブ ラブ

「うつ病」で夏休み。子供の熱血担任が・・・/うつ通信癸
雅子さまのご病状と週刊誌の非常識(怒)・うつ通信癸
心のケア資格創設法案の提出断念について〜「アスベスト」「女王の教室」そして「国会」と・うつ通信癸
 うつ病と家族・うつ通信癸
うつ病は「心」と「身体」の病気です・うつ通信癸
うつ病の憂鬱・うつ通信癸
うつ病のこと・うつ通信癸
恐るべしストレス。うつ病=「心の骨折」・うつ通信癸

| HOME | 子育て日記 | 12:48 | comments(12) | trackbacks(0) |


ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。  
infoseek
+ SELECTED ENTRIES
+ 記事の分類です
+ 過去の記事です
+ Thanks−COMMENTS
+ Thanks−TRACKBACK
+ LINKS
+ PROFILE