子育てパパのブログ日記(Blog・Trek)

ブログをお引っ越ししました。


ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
ウルトラマンマックス18、最強の放屁〜

 幻影宇宙人シャマー星人登場

 人を喰ったエピソードで、心配だったけど結構面白かった。
かつてウルトラマンタロウ『ウルトラ父子餅つき大作戦!』のような展開は避けられて、ほっとしました。
 なんたって、ウルトラマンマックスは、王道復帰を謳ったシリーズですからね。
 お笑いも、徹底すれば王道と言えるかな(笑い)
 スタートレックで言うと、今回は「Q」が登場するエピソードみたいな感じ。

 しかし、カイトとミズキのデートで始まり、デートで終わるるエピソードとは・・・・
 若い者はいいなぁ・・・


 夜が無くなると、花火師が困るとは思わなかったなぁ。
 それに、外が煌々と明るい居酒屋も嫌だ。
 シャマー星人は、オジサンが一杯飲みに行く場所を奪う恐ろしい宇宙人だ!

 ヒジカタ隊長と中年型・シャマー星人の名刺交換も可笑しかった。
 暴れていないシャマー星人に、「おとなしくしろ!」と銃を向けるギャグもシンプルに面白い。

 ふざけた奴だが、巨大型・シャマー星人は、以外と強かった。
 マックスで現役復帰したゼットンやキングジョーより、よほど強い。
 ウルトラマンマックスは苦戦したが、シャマー星人の光線を、腕で払いのける姿は、あいかわらず格好良かった。

 それにしても、おなら攻撃はキツイ!
 都市破壊に“おなら”を使うとは・・・・!

 ところで、信じられないかも知れませんが、「空気清浄機」は“おなら”に反応します。
 こっそりとスカベを放出すると、自動運転にしている空気清浄機が、「強」モードに切り替わる。
 なんども、同じ現象が起こるから偶然ではないと確信しています。
 恐るべし「空気清浄機」
 それとも、恐るべしは、小生のおならの方か?

 蛇足ですが、エリーは最近、外部脂質を強化されたのか、体型が若干丸みを帯びてきたような気がする。
 脂質の強化は、外的攻撃から身を守るシステム強化なのでしょうか?
 気のせいだったら、ゴメンなさい。

 予告編で次回登場を告知されたトミオカ長官の後輩って、かつてのモロボシ・ダン?
 眼鏡を掲げるアクションがウルトラ・アイ風だったような気がしたけど・・・・・



ブログランキング・にほんブログ村へ





◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 ダイヤマックス総集編へ ダイヤマックス第39回へ ダイヤマックス第37回へ ダイヤマックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ
| HOME | ウルトラマンマックス | 08:32 | - | trackbacks(8) |

ウルトラマンマックス涙?ウルトラの母必死の介護も、MAT隊長の根上淳氏逝く。
 DASHヒジカタ隊長の大先輩で、「帰ってきたウルトラマン」のMAT伊吹隊長こと、俳優の根上淳さんが脳梗塞(こうそく)のため亡くなられました。

 伊吹竜隊長・根上さんは98年に糖尿病の合併症による脳梗塞で倒れ、療養生活を送っていたそうです。
 献身的に根上淳さんを介護されたのは、ウルトラの母を演じられた歌手ペギー葉山さん。

 根上さんが脳梗塞で倒れて7年間。その後、要介護4に認定されるほどの厳しい状態が続きましたが、ウルトラの母・ペギーさんの献身的な介護に、根上さんも病と戦い続けられました。

 M78星雲出身のウルトラマンマックスも悲しい思いをしていることでしょう。
 MAT伊吹隊長に合掌。
 そして、ウルトラの母・ペギーさんに、お悔やみを申し上げます。


ブログランキング・にほんブログ村へ





◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 ダイヤマックス総集編へ ダイヤマックス第39回へ ダイヤマックス第37回へ ダイヤマックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ
| HOME | ウルトラマンマックス | 12:51 | - | trackbacks(0) |

ウルトラマンマックス17、美女と怪獣
"
"
宇宙古代怪獣エラーガ登場

 フ〜ム・・・平凡。
 三池爆弾を2発喰らった後では、今回のエピソードは申し訳ないけど見劣りしたなぁ・・。
 「ニーナ」に語らせた「破壊と殺戮に明け暮れする人類は失敗作」というメッセージも、三池監督の『第三惑星の奇跡』のほうがインパクト強かった。

 コバとニーナの物語も、何か中途半端だったなぁ・・・。

 でも、水準は行っている。
 「エラーガ」の造形もそれなりに良い。
 「ゲスラ」とか「バラゴン」系の怪獣だと思いましたけど、ディティールにこだわった作りになっていました。

 しょうむないことだけれど、トミオカ長官は、偉いサンなのに作戦室ではいつも立ったまま。
 上司に、席を進めるとか、作戦室にも長官のデスク置くとかして欲しい。
 御老体のトミオカ長官が気の毒だ。


 
 世界のホラー映画の巨匠、鬼才監督13人が結集したホラー作品集「マスターズ・オブ・ホラー」が製作されることになったそうですが、ジョン・カーペンター、トビー・フーパー、ジョン・ランディス、ダリオ・アルジェントなど世界のそうそうたる監督の中に13人にウルトラマンマックス『第三惑星の奇跡』を手がけた三池崇史監督が名を連ねています。
 世界をリードする“13人の才能”に三池崇史監督が選ばれて嬉しい気分。

「マスターズ・オブ・ホラー」は、来年劇場公開されるそうで、今から楽しみです。


バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
オンライン書店 boople.com(ブープル)
| HOME | ウルトラマンマックス | 11:55 | - | trackbacks(11) |

ウルトラマンマックス16、宇宙化猫?なんだこりゃ(笑)

宇宙化猫タマ・ミケ・クロ登場

 三池崇史監督って????
 先週の感動の後に、こんな強烈なオチが待っていたとは!!!
 三池 崇史恐るべし!!!

 「第3惑星の奇跡」は、ウルトラ史上最大の感動作。
 「わたしはだあれ?」は史上最大のハチャメチャ?!?
 九官鳥や赤ちゃんが人形なのがシュールというか???
 電磁場を「携帯電話から汁が出ている」と言わせたセリフにも爆笑

 宇宙化猫って、攻撃はキツイけど「目が点」になったりして結構可愛い。
 うちの5歳の娘に受けていた。

 マックスが、海中に落としたソードを拾って水滴を払うシーンには、ガハハと笑わされた。
 エリーが頭から煙りだして切れたところも可笑しかった。

 まあ、よくここまでやる!
 トミオカ長官は、スプーンで久々に変身ポーズを披露してくれるかと期待したけど、お皿をあげちゃった。

 娘がピンチのマックスに「お友達呼べ〜!」と叫んでいたら、ちょうどM78星雲のウルトラの星が映ってビックリ!
ウルトラ兄弟が飛んでくるかと思ってしまった。

 コバ隊員が、ワカメかぶって帰還したとき、エリーが「忘れてた」と言ったのは、なかなかシニカル。
 「宇宙化猫」の影響を受けず、唯一記憶が飛ばなかったエリーに忘れられたコバ隊員って、き・の・ど・く!

 最近、小生の記憶が飛ぶのでおかしいと思っていたら「宇宙化猫」のせいだったのか!
 「アレがアレして・・・」なんて会話も増えてきたし、人の名前が思い出せない。
 地球侵略は知らぬ間に始まっていると実感しています。
 もしかして、小生の老眼も地球侵略による影響か!


 ところで、「ハテナ」って言う“半草半獣”の新種微生物が見つかったそうですが、これも地球侵略の前触れかも。

Yahoo!ニュース - 読売新聞 -
“半草半獣”の新種微生物、その名は「ハテナ」 光合成をする植物と、植物などを食べて生きる捕食生物の両方の姿を持つ“半草半獣”の新種の微生物を、筑波大の研究チームが見つけた。14日付の米科学誌サイエンスで報告する。 和名で「ハテナ」と名づけた新種は、特定の藻類を食べると、それを消化せずに体内に取り込み、藻類が持っている葉緑体を使って「植物」として光合成をしながら生き延びる不思議な一生を送る。多様な植物が誕生した進化の途上の生命体とみられ、生物進化の解明につながる重要な発見として注目されている。 ハテナは、和歌山県の砂浜などで見つかった体長100分の3ミリほどの単細胞の海洋微生物。分裂して増える時は葉緑体は片方が“相続”。葉緑体のない片方には、捕食用の口が出現するという。(読売新聞) - 10月14日6時55分更新



バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
| HOME | ウルトラマンマックス | 08:29 | - | - |

ウルトラマンマックス15、奇跡の傑作!「第三番惑星の奇跡」
 マックス第15話「第三番惑星の奇跡(三池崇史監督)」について、色々な方のブログを見ていましたら、「感動した」「涙した」等と“絶賛する”御意見を多数お見受けいたしました。

 小生は10月8日のオンエア直後にアップした記事に、
 「子供の時から見てきたウルトラシリーズ中でも、最も印象的なストーリー!!」
 「三池組は、ウルトラシリーズにあらたな地平を切り開いた。」
と、感動を表しましたが、言い足りない気分なので、もう一度気持ちを整理して・・・。

 どうやら今回の三池崇史監督作品は、事件とも言える程のインパクトがあったように思います。
 予算も時間も制約があるであろう朝の30分番組で、あれ程のクオリティを出した「三池組」の力量こそ「奇跡」だと思いました。

 映像ヨシ、脚本ヨシ、演技ヨシ、総て超高水準!
 監督/特技監督の三池 崇史氏、脚本のNAKA雅MURA氏には、最敬礼であります。

 セブンの最終エピソードや、ティガのラスト数本にも感動しましたが、今回は突然目の前に傑作が現れ、驚きと感動に胸を打たれました。

 特撮番組でメッセージ性を強くすると、かえって陳腐なケースも見受けますが、三池監督はわずか30分のスパンに完璧に表現してくれました。
 凄いイメージ、創造力に圧倒されました。


 米国では「スタートレック」「X−ファイル」など、大人相手に本気でSF番組が制作されて視聴者の支持も受けていますが、日本ではなかなか大人向けの特撮番組を目にすることができなかった。
しかし、三池監督はマックスでやってくれました。

 昨今の大人向けの大型ドラマでも、これほどの感動には出逢えた記憶がありません。
テレビ史上、歴史的快挙であります。
 三池 崇史氏を起用した制作者の「本気度」にも敬意を表します。

 ますます「ウルトラマンマックス」が楽しみになりました。


バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
オンライン書店 boople.com(ブープル)
| HOME | ウルトラマンマックス | 07:12 | comments(718) | trackbacks(11) |

ウルトラマンマックス15、まるでベトナム戦争!
 完全生命体イフ登場

 今回は、映画「妖怪大戦争(2005)」「着信アリ(2004)」の三池崇史監督が担当。
 小生が、子供の時から見てきたウルトラシリーズ中でも、最も印象的なストーリー!!
 三池組は、ウルトラシリーズにあらたな地平を切り開いた。

 最初は、マッシュルームみたいな白い物体をみて、初代ウルトラマンに出てきた「ガバドン」みたいだなぁと気楽な気分で見ていたけど・・
 「イフ」に蹂躙された焼土と化した市街地のすさまじい惨状・・・
 「イフ」の強さは、類を見ない。
 「ゼットン」も、「パンドン」も及ばない。
 「ガタノゾーア」よりも完全な生命体かも知れない。

 燃えさかる町を彷徨う少女アッコに、なにかベトナム戦争をイメージしてしまいました。

 武力に武力で対抗しても、決して物事が解決しない。
 軍事力増強を競った20世紀と同じ。
 地球を何度も焼き尽くせるほどの核兵器を作り続けた愚かさを思い出させる強烈なメッセージ。
 そして、完全と思われた凶暴な力に対して、汚れを知らぬ少女がピッコロに想いをのせて、怪獣を女神に変えてしまった・・・・。

 ブッシュも、ビン・ラディンもウルトラマンマックスを見てみろ!!!
 かつて、ウルトラセブンでも、終わりのないマラソンに例えて軍拡競争を愚かしいものだと言っていたような記憶がかすかに蘇る。
 小生の、半世紀近い人生で、人類は少しでも賢明になったのだろうか?
 テロとの戦いを終わらせる音楽はあるのでしょうか?

 5歳の娘も「きょうのかいじゅうはこわいなぁ」「ウルトラマンのおともだちがきてくれたらいいのに」と言ってました。
 娘の目にも印象的だったのでしょう。
 そう言えば、今回のエピソードを告知する予告編も、なんともいえず印象的なものでしたね。

 ところで、ストーリーとは別ですが、
 マックスが、片膝付いてマクシュウムカノンを撃つポーズが秀逸でした。
 「イフ」の造形もよくできていました。(オモチャメーカーは、ソフビ作りにくそうだけど・・・)

 シリーズにイチャモンつければ、前回、前々回の「ゼットン」や「キング・ジョー」も「イフ」の半分ぐらいの強さが欲しかったなぁ・・・・
 復活組の中でも「ゼットン」「キング・ジョー」は弱すぎ・・・

 こんなイチャモンつけてるレベルの低い自分が嫌になるような、今回のエピソードでした。
 降参!
 三池組、恐るべし!

asahi.com: - 国際
米大統領「対テロ戦争」演説 危機感あおり支持狙う 2005年10月07日15時52分 ブッシュ米大統領は6日の「対テロ戦争」演説でイラクを同戦争の最前線と位置づけ、イラクの隣国イランとシリアの連携を「テロ支援同盟」だとして名指しで非難した。危機感をあおることで支持回復を狙った発言とみられる。(略) ブッシュ氏は演説で、アラブメディアに対して「憎悪と反ユダヤ主義をあおり、陰謀理論を垂れ流している」とも批判した。また、イスラエルのヨルダン川西岸の「占領」を「駐留」と言い換え、「過激派が暴力の口実に利用してきた」と非難した。こうした論理にアラブ世界が一層反発を強めるのは必至だ。
 人類に危機をもたらすのは、怪獣や宇宙人だけではないようです。


バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
アウトドア&フィッシング ナチュラム
| HOME | ウルトラマンマックス | 08:50 | comments(134) | trackbacks(16) |

ウルトラマンマックス14、カイトが二股?
 侵略ロボット キングジョー登場

 今回は、なぜか背景が昭和風。
 街並み全体がタイムスリップしたみたい。
 風鈴や、金魚屋に、ミズキ隊員の70年代ファッション。

 ナツキとミズキ隊員に恋されるカイト隊員。
 ヤキモチ妬くミズキ隊員はチャーミング。
 ミニスカはサービスだろうけど、制服の方が凛々しいなぁ。

 そして、侵略ロボット キングジョー登場
 ナツキが操縦するから、キングジョーがスーパー戦隊のロボットになっちゃった。

 ところで、ウルトラセブンに登場した「キングジョー」って、出色のデザインで、その強さも印象的だった。
 子供心に、金色の駆体が焼き付いた。
 異形のプロポーションの微妙なバランスや、胸の模様。
 頭や顔が明確に区別できないロボットというのも新鮮というかショッキングでさえありました。

 「モワッ・モワッ・・・」っていう、なんともいえぬ「キングジョー」の声(音?)も良い。
 合体ロボの元祖じゃないのかなぁ。

 マックス版の「キングジョー」は、少しスマートな気がしたなぁ。
 小生にとっては、チョット残念なスーツでした。元祖「キングジョー」が好きです。
 デジタルな合体シーンも出来すぎで、ウルトラセブンのときのアナログな映像が好みです。
 そして、先週のゼットンに続いて弱すぎ!

 この「キングジョー」のデザインは、現代日本を代表する美術家の1人に数えられる彫刻家の成田亨氏。(1929−2002)
 大阪万博の太陽の塔内部の「生命の樹」を制作したのも成田亨氏です。
 小生も、大阪万博に行ったけれど、太陽の塔内部も岡本太郎氏の作品かと思っていた。

 「ウルトラQ」、「ウルトラマン」、「ウルトラセブン」の美術総監督としてウルトラマンやウルトラセブンをはじめ、バルタン星人、レッドキング、ケムール人、ブルトン、メトロン星人、ジャミラ、ダダ、カネゴン、チブル星人、アントラー、イカルス星人、ウー、エレキングなどなど、ユニークで美しい怪獣や宇宙人を造形されました。
 また、ウルトラ警備隊隊員の制服やウルトラホーク、アントラーのエピソードのバラージ「ノアの神」神殿セットなども成田亨氏のデザインです。
 マックスで現役復帰した怪獣達は成田作品ばかりですね。
 さすがに、モノが違うと言うことでしょうか。

 青森県立美術館には、「現代日本文化を代表するモチーフであること、さらにはそのデザインの理念に高い芸術性が読みとれる」として「ウルトラQ」、「ウルトラマン」、「ウルトラセブン」に登場する成田亨氏によるヒーローやメカ、怪獣、宇宙人のデザイン原画計189点が収蔵されています。
 青森県立美術館は偉い!ウルトラマンは芸術だ!

青森県立美術館「成田亨所蔵作品リスト」へのリンクはこちら

 今回もラストで、トミオカ最高司令官こと黒部進はゼットン星人の名前も聞きたくないと激しくお怒り。
 ハヤタ隊員の恨みは永遠なのだ。




コントレックス/CONTREX 1500ml×12本入

バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
| HOME | ウルトラマンマックス | 08:40 | comments(207) | trackbacks(14) |

ウルトラマンマックス13、女刺客参上!
 変身怪人ゼットン星人 宇宙恐竜ゼットン登場

 初代ウルトラマンの時から疑問なんだけど、なんでカミキリムシみたいなゼットンの肩書きが「宇宙恐竜」なのか?
 レッドキングはウルトラマンマックスで肩書き変わったけど、ゼットンは「宇宙恐竜」のままで、変わりませんでしたね。

 ゼットン星人は、ウルトラQのケムール人をルーツにするが、目が大きくなった感じかな。

 さすがに、トミオカ最高司令官こと黒部進はゼットンと聞いて反応が激しかった。
 ハヤタ隊員の血が騒いだのか?

 女忍者には、腰を抜かしそうだった。
 ライトセーバーまで持ってる!!!

 そして、平成のウルトラマンゾフィー役の「ウルトラマンゼノン」が、最新武器「マックスギャラクシー」をマックスに持ってきてくれました。
 ウルトラマンジャックがウルトラセブンに「ウルトラブレスレット」をもらった時を思い出します。

 しかし、「マックスギャラクシー」がいかに強力とはいえ、今回のゼットンは、弱かったなぁ・・・(不満!)
 そして、「キングジョー」とつながってるとは意外な展開。

 女忍者が出たから「バルタン星人」が黒幕かと思ったんだけど、ハズレでした。




コントレックス/CONTREX 1500ml×12本入


クラッシュセル

バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
| HOME | ウルトラマンマックス | 08:15 | - | trackbacks(2) |

ウルトラマンマックス、横浜で巨人を撃破!
ジャイアンツ情報ページ
思わぬ“速球王”が横浜に出現した。始球式を行ったウルトラマンマックスだ。これまで様々なキャラクターが登板したが、まともなボールはなかった。しかしこの日は“スペシウム光線”のような120キロのストライク。清水や矢野も「速かった」と思わず苦笑い。ベンチからは「何者?」という声も。その正体が横浜球団職員の元アメフット選手だったことは誰も知らない…。
 横浜球場での始球式で、巨人軍の清水選手や矢野選手の度肝を抜くとは、さすが、最強・最速の勇士「ウルトラマンマックス」ですね。
 “スペシウム光線”ではなくて、“マクシウムカノン“ですけど、まあいいか。

 最低・最弱の我が巨人軍は、「ウルトラマンマックス」にビビってしまい、横浜にサヨナラ負けで5連敗。トホホ・・・

 巨人軍の次は、強敵「ゼットン」ですね。


バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
| HOME | ウルトラマンマックス | 07:56 | - | trackbacks(1) |

ウルトラマンマックス12,「ヘイレン」って「ギャオス」っぽいね
超音速怪獣ヘイレン登場

 「ヘイレン」って「ギャオス」っぽい。
 口から火炎弾が飛び出すところは「ガメラ」っぽい。

 12話も、平成・ガメラの金子修介監督だから、小生の思い込みかなぁ。
 それから「ヘイレン」が、自分の顔を両手で叩くような仕草は、昔の「レッドキング」とよく似てる。

 「ウルトラマンマックスに芝居をつけている時、昔見た記憶で、あるアクションをやらせてみたが、どうもこれって40年ぶりのことらしい。」と金子修介監督のブログに書いてあったけど、どのアクションだったのかなぁ。
 「ヘイレン」に、こっち来いって手で招き寄せるシーン?
 それとも、四角形のバリアを作るシーン?

 「こっち来い」は、初代ウルトラマンがやってたような気がするけど、「ギャンゴ」か「ドドンゴ」か相手を思い出さない。
 脳細胞が老化しはじめた小生には「40年ぶり」はキツイ。

 さて、マックスのプロレス技が炸裂しました。
 格闘技ファンの中年オジサンには、たまりません。
 そのかわり「バッドスキャナーズ」への思いは、ヒジカタ隊長のそれと同じ。
 「グレイ」も「ラルク」も小生には、区別付かない。

 それにしても、今回のエピソード、笑わしてもらいました。
「ショーン隊員」は、いよいよ「イデ隊員」に似てきた気がするし、みんなとぼけていて可笑しい。
 たまには、こういうエピソードも歓迎です。

 いよいよ来週は「ゼットン」が返ってきますね。
 と言うことは、「ウルトラマンゼノン」も来週登場?
 楽しみです。


バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
| HOME | ウルトラマンマックス | 08:24 | comments(134) | trackbacks(1800) |

ウルトラマンマックス11,「アントラー」と「ゴジラ対ガメラ」
磁力怪獣アントラー登場登場

 なつかしの「アントラー」が、返ってきました。
随分モダンな感じに進化してました。
ちょうど、昭和・ガメラが、平成・ガメラに進化したみたいな感じ。
触覚なんかも作りが神経質なまでにこだわってましたね。

 小生、初代ウルトラマンのアントラーをリアルタイムで見たときから、クワガタムシの怪獣だと思いこんでいたのですが、あり地獄だったんですね。
クワガタなのに、なんで「アント・ラー」なのか疑問だったのだけど、「アント・ライオン」が語源だと知って30数年ぶりに納得。


 バラージの石も、初代ウルトラマンから引き継がれました。
 今回のバラージの石が妙に小さいので不審に思ったけど、ダッシュ・デリンジャーに装填するためなら仕方ないな。
 初代アントラーのエピソードに出てきた、ウルトラマンそっくりの古代石像には、センス・オブ・ワンダーをくすぐられた思い出があります。(ティガの石像なんかの元祖って感じかな)
今回は、古代の布に描かれたノアの神でした。

 さて、今回は平成・ガメラの金子修介監督が担当、特技監督も兼務してくれている!
監督は、傑作映画『ガメラ 大怪獣空中決戦』で、「ガメラ」や「ギャオス」を平成の世の中に現役復帰させ、ウルトラマンマックスでは1,2話を担当して、やはり「エレキング」を21世紀に現役復帰させました。
 そして、遂に「アントラー」まで復帰させてくれました。

 金子監督は、アントラーのエピソードで「ゴジラ対ガメラ」をやってしまうと言っておられたので、どういうことかと色々想像してましたが、最初のシーンで、子供がソフビのゴジラとガメラを戦わせていた。
フ〜ム、そう言うことだったのか・・・・

 平成・ガメラでおなじみの藤谷文子(スティーヴン・セガールの娘さん)もきっちし出演。
随分大人っぽくなってた。

 監督の『ガメラ 大怪獣空中決戦』を観た時には、「本物の怪獣SF映画だ!」ってうなったものです。
ストーリー、映像共に「平成・ガメラ」は、元祖・怪獣王「ゴジラ」を上回ってしまったのです。
「平成・ガメラ」は、怪獣映画の革命だったと思います。
「平成・ガメラ」以降のゴジラ作品(「ゴジラ2000 ミレニアム」〜)は、明らかに映画の質が変わりました。
(そして、とうとう、金子監督自身が『ゴジラ モスラ キングギドラ大怪獣総攻撃(2001)』を撮ってしまった。)
 錆び付きかけていた日本の特撮怪獣映画を「構造改革」した金子修介監督って、凄い人なのだ!
「平成ガメラ」は、怪獣映画の郵政民営化なのであります・・・・だんだん訳が分からなくなってきた???


 今回の「アントラー」もガメラの背後霊を背負ってるようなストーリーに思えたのは考えすぎかな。

 シーンが変わるとき、左右方向にザーッと画面を掃くようなエフェクトもなんとなく面白かった。
 最後にカイト隊員が、手を振って無事な姿を見せるお約束のシーンも、水戸黄門の印籠みたいでめでたしめでたし。

 ところで、カイト隊員、ミズキ隊員、藤谷文子を尋ねて研究所か図書館みたいな所に自転車で行ったけれど、階段の前に駐輪してはいけませんよ。
 よい子はマネしないでね。なんちゃって。


バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
| HOME | ウルトラマンマックス | 08:25 | comments(64) | trackbacks(607) |

ウルトラマンマックス10,「少年ジェット」ちがうやろ〜!
空間転移怪獣メタシサス登場

 メタシサスは異形の怪獣ですね。
 龍の頭だけ持ってきたような姿はフ・シ・ギ?
 でも、違和感なくウルトラマンマックスと戦わすあたりは村石監督の力かな。
 ウルトラマンマックスが空中で立ち姿から飛行へと移るワイヤーアクションもバッチリでした。

 今回は「コバ隊員」が柱になってましたね。「コバ隊員」が輝いていました。。
 隊員一人一人に個性を持たせる演出は、科学特捜隊、GUTSあたりもそうでした。

 ミズキ隊員は、ベースタイタンに来た社会科見学の子供たちに、完璧な基地だとキュートに説明してましたけど、「バグダラス」にボコボコにやられた反省が生かされて、対策バッチリになったという設定かな。
頑張れDASH!

 さて、マサユキ君の「対策がなければまた失敗するじゃないか!」って言葉は鮮烈でしたね。
 米国のハリケーン「カトリーナ」の被災地で、政府の対策の遅れに怒っている市民をニュースで見かけましたが、マサユキ君と同じ気持ちみたいです。

 ハリケーン被災地の市長が、「今回の災害はわれわれにとってのツナミだ」と述べたという記事を見て、被災された方には申し訳ないのですが、ウルトラマンジャックが「津波怪獣の恐怖東京大ピンチ!」で、津波怪獣シーゴラスが起こした超・大津波を念力バリヤーで静止、逆流させて海水を海に戻したシーンを何故か思い出します。
 数十メートルはあろうかという巨大な水の壁が押し寄せるあのエピソードが、子供時代に頭に焼き付いて、津波という現象に敏感に反応するようになりました。
水没した被災地から一日でも早く水が引いてくれればと思います。
ハリケーンで数千人が亡くなったとの報道もあり、心が痛みます。

 ところで、今回の「少年DASH」というエピソード名から「少年ジェット」を連想する小生って?
 若い人は、????でしょうか。
 「少年ジェット」ってね、普通の少年が素顔でスーパーカブみたいなスクーターに乗ってるだけのシンプルなオールドヒーローなんです。
 なぜか、スーパーコルトという拳銃を持ち、「ウ〜、ヤ〜、タァ〜」という声を発生すると超音波による衝撃波が発生して敵を倒します。(アニマル浜口の気合い10連発よりキツイのだ)
 でもね、小生「少年ジェット」放映の歳に生まれましたから、リアルタイムでは見ていないのですよ。
 ウルトラマンマックス見てる方で「少年ジェット」知ってる方はどのくらいいらっしゃるのかなぁ・・・


 謎のウルトラマンが近く登場するようですね。
 役回りは「ゾフィー」なのか「ウルトラマンアグル」なのか?
 マックスの危機に現れ、新兵器を与えるそうです。
マックスの右腕に装着される新兵器は、まるで21世紀の「ウルトラブレスレット」みたい。

 ア〜ア、今回の記事は我ながら本当にオタクっぽいなぁ・・・
こんなオタク中年も「萌え」に入るのでしょうか?
「萌え」という概念が、いまいちつかめない中年であります???


インフォシークニュース > 国際 > 「われわれのツナミ」 ハリケーン被災の米市長
「われわれのツナミ」 ハリケーン被災の米市長 (共同通信) 【ニューヨーク30日共同】超大型ハリケーン「カトリーナ」の直撃を受け、多数の死者を出した米ミシシッピ州ビロクシ市のホロウェー市長は30日、同市の被害を昨年末のスマトラ沖地震による津波に例え「今回の災害はわれわれにとってのツナミだ。こうした惨状を今まで見たことがない」と述べた。米メディアが伝えた。 カトリーナに伴う暴風雨の影響で、ビロクシでは巨大な「水の壁」が家屋やホテルなどに襲いかかり、多くの建物が流された。地元当局によると、30日までに約50人の死亡が確認され、死者は数百人に上る恐れもある。

Yahoo!ニュース - 共同通信 - 大規模被災地は本州に匹敵 米大統領報道官
大規模被災地は本州に匹敵 米大統領報道官 【ワシントン1日共同】マクレラン米大統領報道官は1日、ハリケーン「カトリーナ」の被害で大規模災害宣言の対象となった地域の面積は、9万平方マイル(約23万平方キロ)になったと明らかにした。これは、日本の本州の面積に匹敵する。 同宣言は最大の被災地であるニューオーリンズ市を中心としたルイジアナ州、ミシシッピ州、アラバマ州、フロリダ州の被災地が対象となっている。(共同通信) - 9月2日13時38分更新



バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
セガダイレクト・シーショップ
| HOME | ウルトラマンマックス | 08:21 | comments(89) | trackbacks(14) |

ウルトラマンマックス9,ナツノメリュウは本当にいるよ

 伝説怪龍ナツノメリュウ登場

 ナツノメリュウは、キングギドラなどなど「龍・ドラゴン」系の怪獣。
 首についたの火炎型のウロコはウルトラマンの「ミイラ怪獣 ドドンゴ」を思い出します。
 よくできたスーツで、炎の翼で漆黒の夜空を飛ぶ姿は美しかったですね。
 ストーリーはウルトラマンティガ第16話「よみがえる鬼神(宿那鬼)」同第27話「オビコを見た(オビコ)」などと風味が似ていました。

 環境問題をステレオタイプに描く「ベタ」なストーリーなんだけど、心に響くものがありました。
 今回のエピソードを際だたせた映像も力強かったですね。

 (でも、怪獣が出てきた非常時にマックスの後ろに花火が上がり続けていたのは、映像美を意識しすぎカナ)

 そして、白い服の少女。
いつかウルトラシリーズでいつか見たような・・・・セブンかなぁティガかなぁ・・

 で、「ナツノメリュウ」って本当にいる気がします。
 たとえば地球温暖化なんか「ナツノメリュウ」の怒りかも。
 龍神って、自然の摂理みたいなものを象徴化したものなのかなぁ。
ヤマタノオロチは荒れ狂う河川氾濫を大昔の人々が龍の姿にみたてたものだと聞いたことがあります。
 いにしえから自然の脅威や自然の大切さを人類は感じていたのでしょうか。

 BSEとか鳥インフルエンザなども「ナツノメリュウ」が人類に警告ならす「しるし」なのかもしれません。
 引き合いに出すことも被害者の方には申し訳ないのですが、水俣病や塵肺、アスベスト問題などの公害病も人間の活動への警鐘として、未来を考えながら社会を営まないと子供や孫にひどい迷惑かけるような気がいたします。
 せめて、クールビズぐらいは実行しないとね。
 慣習化している「礼儀」や「建前」で背広着ている時代は終わりつつあると思います。

 「“背広”と“未来”を秤にかけりゃ、”未来”が重たい男の世界〜〜〜」
 なんて『唐獅子牡丹』主題歌の替え歌唄ったりして。(若い人は知らないよなぁ〜。高倉健さんが、渋〜く唄ってたんですよ。「やがて夜明けの 来るそれまでは 意地で支える 夢ひとつ」って部分もあって、格好いいよなぁ。&原曲が「男の世界」なので、そのままにしてますけど「女の世界」も一緒ですね。)

 毎回怪我するミズキ隊員だが今回は無傷で任務完了。
ミズキ隊員、前から「カイト君」って呼んでたかなぁ。
 「カイト隊員」だった気がするけど、考えすぎ?

 蛇足になりますが「ミラーマン」が復活するようですね。

【追記】
 子供とCATV見てたら、偶然「帰ってきたウルトラマン」やってた。
 ウルトラマンジャックが宇宙怪獣「ベムスター」に苦戦してウルトラマンセブンからウルトラブレスレットをもらったエピソード。
 セブンが助っ人に登場するというのでワクワクして見た子供のころを懐かしく思い出しました。
 「ウルトラブレスレット」はセブンの「アイスラッガー」と似た武器で、怪獣を真っ二つに切断してしまいます。
 マックスの「マクシウムソード」も同列の武器だけど、怪獣をバッサリといかないのは切断シーンが残酷だからかなぁ。

 「帰ってきたウルトラマン」を見て思い出したことがもう一つ。
 「スモッグ」です。
 「帰ってきたウルトラマン」の実写シーンに映るロケ先の町は「スモッグ」に覆われ、もやっていました。
 あの頃は、大気汚染が深刻で「光化学スモッグ」が発生すると朝礼台に赤旗が立って運動場に出ること禁止だった。
 小生が住んでいた町は昼間から夕焼けみたいに空が赤く霞んでました。
 「ナツノメリュウ」が怒るはずですね。




バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
セガダイレクト
| HOME | ウルトラマンマックス | 08:59 | comments(269) | trackbacks(14) |

ウルトラマンマックス8,宇宙のムシキング来襲

特殊なビームで人間のエネルギーを吸収する「甲虫型宇宙怪獣バグダラス登場」

バグダラスは、なにやらウルトラマンの「アントラー」とウルトラセブンの「宇宙細菌ダリー」(松阪慶子出演)を足して2で割ったような怪獣で、頭のハサミは「ムシキング」
動物の体液を吸って生きている「ダニ」を大きくしたような嫌な奴だ。


しかし、今回のDASHは大失態。
ヨシナガ教授とショーン隊員が隕石内の生命反応を確認しながら宇宙生物の漏出を許し、ベースタイタン内のUDF職員は壊滅状態。
さらに、ベースタイタンからの逃亡を防げずに、市民を危険にさらした。
まずい!トミオカ最高司令官は減給処分?ヒジカタ隊長も、土星基地に左遷?
でも、「あちらの世界」では、我々の世界のように、マイナス思考はない。イケイケのプラス思考だ!(ウラヤマシっ!)
愛と勇気を持つ勇者には、おとがめなしなのだ!
郵政民営化問題も「あちらの世界」では解決済みに違いない。
どろどろの選挙なんて無縁の世界だ!

カイト隊員のダッシュバードと「バグダラス」の空中戦はTVゲームみたいで、ミサイルはずされるカイト隊員の悔しさが手に取るように分かってしまう・・・・

カイトが変身してウルトラマンマックスが空から飛来する時の「マックスの飛び人形」はセブンと飛び姿勢がそっくりで郷愁誘われる。
「バグダラス」の羽ばたき熱風?攻撃を浴びて火花を散らすウルトラマンマックス。
高速移動攻撃をしてくる「バグダラス」の攻撃を左右から受けたシーン。
いずれもよくできていました。

エリーが、結構活躍しましたね。
論理と人間性。
スポックとデータの悩みはエリーも同じですね。
エリーの指が「チャッカマン」だったとは驚きました・・・

今日は町内会の資源回収日なので、古新聞を集積場所まで持っていって家に帰ってきたら、ミズキ隊員が「バグダラス」のビーム浴びた後だった。
毎回怪我するミズキ隊員は、今回も負傷。
連続負傷記録は次回も更新されるのか?


公式HP内のスタッフスクエアに新着記事がUPされています。
本家「アントラー」の復活準備も進んでいるようです・・・・



バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
セガダイレクト
| HOME | ウルトラマンマックス | 12:20 | comments(6) | trackbacks(12) |

ウルトラマンマックス7。宇宙工作員ケサム登場

 今回の敵役「宇宙工作員ケサム」は、戦隊シリーズの悪役みたいで、円谷系では、少し不思議な造形。

 ストーリーは、「ウルトラセブン」でアンヌ隊員が「ケサム」に絡めば良さそうな話し。
「初代ウルトラマン」は、メフィラス星人と話し付けて宇宙に返したけど、「ケサム」は爆弾持ってたからなぁ。仕方ないか。
 映画でシュワルツネッガーと戦った「プレデター」の腕に付いていた起爆装置と「ケサム」の装置、チョットイメージだぶったなぁ。

 それにしても「宇宙工作員ケサム」が竜巻のような旋風の中から登場するシーンは圧巻。
 「ケサム」のビームもクール!
 マックスが、ビームをシールドでくい止めるシーンもスピード感抜群!

 「ミズキ隊員」は毎回怪我してるような気がするなぁ。気の毒だ。
 今回は、ミニスカートの上に隊員ジャケットを羽織っているサービスシーンもあったね。

 さて、ウルトラマンマックス公式HP内のMAXブログ「スタッフスクエア」には、初代ウルトラマンを倒したあの怪獣復活の準備風景も・・・


バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
セガダイレクト
| HOME | ウルトラマンマックス | 08:20 | comments(282) | trackbacks(8) |

ウルトラマンマックス6、怪獣島決戦
装甲怪獣レッドキング 両棲怪獣サラマドン 飛膜怪獣パラグラー 電脳珍獣ピグモン登場

 土曜の朝はソワソワして、早く目覚めてしまう。
歳のせいか?はたまた、ウルトラマンマックスのせいか?(アホ中年丸出し)

 さて、公式データによると、1966年「ウルトラマン」初登場時のレッドキングは、体長45 m、体重2万 tだったのが、今度のレッドキングは、体長60 m、体重7万 tだって!凄い成長だ!
 だから、首が長くなった。
 足も長い。最近の若者と同じだ。
 初代レッドキングは、小生と同じで短足・胴長、首が短くて回らない・・・(つらっ)
 肩書きまで変わってましたね、どくろ怪獣レッドキング→装甲怪獣レッドキング(フーム)
 そして、レッドキングのプロレスワザには降参!
ウエスタン・ラリアートが決まった!
朝青龍並の吊り出しもきつかったなぁ!

 ピグモンの声は初代が良い。今度のピグモンはオリジナルの声を被せたポケモンみたい。
 飛膜怪獣パラグラーは「チャンドラー」+「マグラ」って感じ。

 で、ウルトラマンマックスは高速移動が良いですねぇ・・・あの残映が何とも言えず良い。
今までにない、良い感じの高速移動!

 小生は関西在住だから怪獣島が日本に激突しても影響なし。でもピグモンのお陰で関東が無事で良かった。

 ところで、今まで見逃してたけど、ウルトラマンマックス公式HPの「スタッフスクエア」はブログになっていますした。
 「スタッフスクエア」はウルトラマンマックスの制作舞台裏が記事になっていて、興味深く見ることが出来ました。
早速TBしてしまいました。

バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
セガダイレクト
| HOME | ウルトラマンマックス | 08:05 | comments(196) | trackbacks(3) |

ウルトラマンマックス5、レッドキング現役復帰

 「レッドキング」が帰ってきましたね。
 そして「ピグモン」も・・・(ガラモンとして復帰するのではなかったのですね)
 怪獣島の熱帯風の植物を見て初代ウルトラマンの怪獣島を思い出しました。
 あのときは、イデ隊員とフジ隊員が先遣隊で人食い植物に襲われて・・・・

 今回見ていて、もう一つ思い出したことがあります。
 小生、初代ウルトラマンを見てたときのテレビって「白黒テレビ」だったんだ・・・・(貧乏)
 今回のレッドキングの身体の色を見てそう思い出しました。
 よくよく見ていると、黄色っぽいレッドキングがトウモロコシに見えてきました。(小生はアホか?)
 ピグモンを外敵から守る両棲怪獣サラマドンは、少しチープな感じでした。怪獣でも脇役はツライ。

 今回のベストカットは、カラータイマーが点滅しはじめた時、マックスが武者震いするようなワンカット。
格好良かった!

 そして、カイト隊員に手当てされるときに見せたミズキ隊員の憂い顔。キュート!

 前後編に分かれるのも初代ウルトラマンの怪獣島のエピソードと同じですね。
 来週が楽しみです・・・・

バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
セガダイレクト
| HOME | ウルトラマンマックス | 08:21 | comments(94) | trackbacks(12) |

ウルトラマンマックス4、スラン星人登場

 最初のシーン。警備員が宇宙人に襲われるって・・・初代ウルトラマン「バルタン星人」のエピソードへのオマージュですね。
 初代ウルトラマン見てた人間は、いきなりくすぐられたなぁ。

 バルタン星人は、蝉がベースの造形だけど、スラン星人はなんだろうか?
 背中はゴキブリみたいだったなぁ。

 スラン星人の宇宙船も造形が良いですね。
 ダッシュマザーとの空中戦シーンもなかなか良かった。
スラン星人の宇宙船が炎に包まれながら落ちてゆくところが特に良かったです。
(ちょっぴりエンタープライズかヴォイジャーの艦橋部分風でしたね)

そして、ミズキ隊員。キュート。

 次回は、怪獣島ですか。
レッドキング久々の現役復帰です。


バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
セブンドリーム・ドットコム
| HOME | ウルトラマンマックス | 08:07 | comments(108) | trackbacks(7) |

ウルトラマンマックス3,レギーラ登場!
 今回は、村石監督ということで、中米の古代遺跡の雰囲気や、ティガに出てきた古代怪獣「メルバ」の肌触りに、なんとなく似ている怪鳥「レギーラ」登場など、至る所に、ティガの薫りを感じました。
 
 また、マックスがレギーラの光線をホバリングしながらシールドするワイヤーアクションは新味がありました。
さすが村石監督。

 ところで、ダッシュのメンバーもいいですねぇ。
 エリーの存在は随分面白いし、ショーン隊員は初代ウルトラマンのイデ隊員のようなお調子者。
コバ隊員は熱血漢で、ミズキ隊員は美形エースパイロット。
そして、ヒジカタ隊長。いいですねぇ。(お父さんと似てきましたね)
 隊員一人一人にきちんと個性をつけて人物造形してあるのでエピソード一本一本が面白い。

 来週は、バルタン星人風の新宇宙人登場。楽しみです。


バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
セブンドリーム・ドットコム
| HOME | ウルトラマンマックス | 08:17 | comments(292) | trackbacks(3) |

ウルトラマンマックス2、エレキング登場
 ウルトラマンマックス第2回見ました。
今回は、エレキング登場ということもありウルトラセブン風の演出。
 金子 修介監督は、ツボを知ってるねぇ・・・
 エレキングの元のデザインがいいこともあるけど、今回のスーツは出色の出来!合格!
 エレキングって、ウルトラマンシリーズで何度か再登場したけど、そのたびにスーツの出来の悪さに辟易していたから、今回は嬉しい気分になった。

 ダッシュのエリー隊員はアンドロイドだったんですねぇ。
1回目では見落としていました。
 スタートレックのデータ少佐へのオマージュかな。
「論理的でありません」などの台詞はミスター・スポックを意識してますね。

  ウルトラセブンのアイスラッガー風の武器「マクシウムソード」もCOOL!
 怪獣を倒した後、空を一度見上げるようにして飛び去るポーズも、伝統の所作だOK
 とにかく、よい出来でした。


 余談ですが、映画を見てA級かB級かを見分ける早道は、主演クラスの女優さんの美しさです。
 そういう見方をすれば、ウルトラマンマックスはA級ですね。
 (フェミニストに怒られそうですが・・・)

バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
セブンドリーム・ドットコム
| HOME | ウルトラマンマックス | 09:54 | - | trackbacks(5) |

ウルトラマンマックス1、王道復帰
 ウルトラマンマックスの放映が始まったラブ
 45歳中年ど真ん中の小生は、恥ずかしながらウルトラマン世代。
 新しいウルトラマンが始まったとなると、チェックのため見ずにはいられないテレビ
 コスモス、ネクサスと少しひねった内容のウルトラマンが続いたが、今回は王道復帰、原点回帰という感じでバッチリでしたグッド
マックスのデザインが良い!怪獣も怪獣らしくていい!

 やはり小生のように最初のウルトラマンから見続けてきた人間には 勧善懲悪のストーリーが楽しいラブ
 要するに水戸黄門です。(ただし、石坂浩二の水戸黄門が面白くなかったようにウルトラマンもひねりすぎたり、現実っぽく作りすぎると興ざめするのです。)
 それから、子供にも、善悪はシンプルに教えたいし・・

 明らかに帰ってきたウルトラマンの後半あたりから、クオリティが落ちていた(予算不足?)し、タロウやレオでは光線もあまりでなくなった(予算不足?)

 平成ウルトラマンになり、ティガはよかったけど、ダイナからあとは、じり貧でした。
 久々に、本格ウルトラマン登場だ!
 次回からも続けてみよう。【アホか45歳!



バンダイネットワークス ララビットマーケット

●●●●●●● ウルトラマンマックス感想リンク●●●●●●●
 マックス総集編へ マックス第39回へ マックス第37回へ マックス第36回へ ダイヤマックス第35回へ  ダイヤマックス第34回へダイヤマックス第33回へ ダイヤマックス第32回へ ダイヤマックス第31回へダイヤマックス第30回へ ダイヤマックス第29回へ ダイヤマックス第28回へ ダイヤマックス第27回へ ダイヤマックス第26回へダイヤマックス第25回へ ダイヤマックス第24回へ ダイヤマックス第23回へ ダイヤマックス第22回へ ダイヤマックス第21回−2へ ダイヤマックス第21回へ ダイヤマックス第20回へ ダイヤマックス第19回へ ダイヤマックス第18回へダイヤマックス第17回へダイヤマックス第16回へダイヤマックス第15回(その2)へダイヤマックス第15回へダイヤマックス第14回へダイヤマックス第13回へダイヤマックス第12回へダイヤマックス第11回へダイヤマックス第10回へダイヤマックス第9回へダイヤマックス第8回へダイヤマックス第7回へダイヤマックス第6回へダイヤマックス第5回へダイヤマックス第4回へダイヤマックス第3回へダイヤマックス第2回へダイヤマックス第1回へ

◆◆◆◆ ウルトラマンメビウス感想リンク◆◆◆
ダイヤメビウス最終回へダイヤメビウス第49回へダイヤメビウス第48回へダイヤメビウス第47回へダイヤメビウス第46回へダイヤメビウス第45回へダイヤメビウス第44回へダイヤメビウス第43回へダイヤメビウス第42回へダイヤメビウス第40回へダイヤメビウス第36回へダイヤメビウス第35回へダイヤ実相寺監督訃報へ ダイヤメビウス第34回へダイヤメビウス第33回へ ダイヤメビウス第32回へ ダイヤメビウス第31回へ ダイヤメビウス第30回へ ダイヤメビウス第29回へダイヤメビウス第28回へダイヤメビウス第27回へダイヤメビウス第26回へダイヤメビウス第25回へダイヤメビウス第24回へダイヤメビウス第23回へダイヤメビウス第22回へダイヤメビウス第21回へダイヤメビウス第20回へ ダイヤメビウス第19回へダイヤメビウス第18回へ ダイヤメビウス第17回へ ダイヤメビウス第16回へダイヤメビウス第15回へ ダイヤメビウス第14回へダイヤメビウス第13回へダイヤメビウス第11.12回へ ダイヤメビウス第10回へ ダイヤメビウス第9回へ ダイヤメビウス第8回へ ダイヤメビウス第7回へ ダイヤメビウス第6回へダイヤメビウス第5回へ ダイヤメビウス第4回へ ダイヤメビウス第3回へ ダイヤメビウス第2回へ ダイヤメビウス第1回へ
セブンドリーム・ドットコム
| HOME | ウルトラマンマックス | 08:57 | comments(187) | trackbacks(7) |


ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。  
infoseek
+ SELECTED ENTRIES
+ 記事の分類です
+ 過去の記事です
+ Thanks−COMMENTS
+ Thanks−TRACKBACK
+ LINKS
+ PROFILE