子育てパパのブログ日記(Blog・Trek)

ブログをお引っ越ししました。


ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
心のケア資格創設法案の提出断念について〜「アスベスト」「女王の教室」そして「国会」と/うつ通信癸

「心理」資格創設法案の提出を断念、再度調整へ : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
「心理」資格創設法案の提出を断念、再度調整へ 病院や学校などで心のケアを行う専門職の国家資格創設を目指す、超党派の二つの議員連盟は27日、今国会への法案提出を断念した。日本精神科病院協会や日本医師会などが、現段階での法制化に反対したためで、次期国会に向け、再度調整を図る方針だ。 提出予定だった「臨床心理士及び医療心理師法案」は、医療分野に活動を限る「医療心理師」と、医療のほか学校や企業などあらゆる分野で活動できる「臨床心理士」の、二つの国家資格を設けている。
これに対し、日本精神科病院協会は、医療分野で二つの資格が混在することは、「現場を混乱させる可能性がある」と指摘。日本精神神経学会も「当事者に不利益をもたらすことが危惧(きぐ)される」と懸念を表明した。(2005年7月28日3時6分 読売新聞)

 米国の小説を読んでいると、小生が子供のころから「カウンセラー」という言葉が頻繁に登場していましたが、日本では登校拒否の増大、神戸の連続児童殺傷事件、阪神淡路大震災等をきっかけに、PTSDへの対応などで「心のケア」「スクールカウンセラー派遣」などと言う対策が打ち出されはじめ、近年では事件・事故・災害の度にすっかり定番のように言われる「心のケア」。
 小生は、十数年前に、役所で登校拒否対策に関わったのですが、当時目新しかった「スクールカウンセラー」の配置について財政当局から「カウンセラー」とは何ぞや、「臨床心理士」とは何ぞやと宿題をもらって、よくよく調べてみたものの、国家資格をはじめ特段の資格があるものではなく、経験・学識が裏付けになっているだけで、きっちりした資格のない自称「カウンセラー」状態。
 「玉石混交」でなにか心許ないものでありました。

その後も、池田小学校の児童殺傷事件や、中越地震、JR福知山線事故など災害・事件・事故が起こると行政もマスコミもこぞって「心のケア」「カウンセラーの派遣」と言う言葉を定型句のように発されています。
学校現場では「教師」がカウンセリングマインドを持つよう研修なども盛んです。

 茶化すわけではないですが、日テレの話題のドラマ「女王の教室」を御覧の方はよく分かると思うのですが、「鬼教師」に支配されている「6年3組の子供たち」は、他に頼る教師もいない状況に追い込まれ、子供同士までが疑心暗鬼の状態で、このまま放置しておくと確実に心が壊れてしまいます。
 早急に、「スクールカウンセラー」を派遣しないと・・・・
 ドラマだから良いけど、現実社会でも「長崎の小学生による同級生殺人事件」をはじめ悲惨な事件が続け様に起こっています・・・・「カウンセラー・臨床心理士」分野の一層の確立が国民に安心感を与えると思うのですが・・・

 国会が重い腰を上げて「心理」資格創設法案が提出される段取りが進んだかと思ったら、報道のとおり『日本精神科病院協会や日本医師会などが、現段階での法制化に反対したため』法案の提出を断念となってしまいました。
 『医療分野で二つの資格が混在することは、「現場を混乱させる可能性がある」』『当事者に不利益をもたらすことが危惧される』と医師会などは理屈づけていますが、国民に対しては全然説得力がない、分からないですね。 
 法制化により、国民・利用者側が今以上混乱するとは思えないし、当事者(利用者のことですよね)が不利益を被ると思えません。
 今でも「カウンセラー・臨床心理士」と言われても、学者なの?医者なの?誰なの?と言う感じではないでしょうか?
 反対理由の言葉の主語を「利用者・国民」から「日本精神科病院協会・日本医師会」に置き換えると、意味が通じて来ます。
だから法制化に関係団体は反対なのでしょう。
 「医療分野分や」対「非医療分野」の戦いでもあるのかなぁ。
 国会は、「日歯連事件」で懲りたと思ったのですが、あいかわらず圧力団体・業界団体に振り回されているようですね。
 (アスベスト問題も「業界」と「政・官」の構図で、対策が放置されてたと報道がありました!
 
 事件・事故・災害、登校拒否、イジメ対策はもとより、小生のように「うつ病」持ちにとっても、すべての「カウンセラー・臨床心理士」が国家資格を持ち、一定以上の力量・見識を持つことは、自殺者が毎年3万人を超える現在「労働安全衛生対策」としても、とても大切なことだと思うので、関係団体におもんばかることなく、国民・利用者を第一義に、とにかく一歩踏み出すことを国会に期待したいものです。
 
 愚痴になりますが、心療内科、神経科の医師には、もっとカウンセリングマインドを持って欲しいものです。
 ろくに人の話も聞かずに、薬を処方するだけだったり、余計に落ち込むような言葉を発する医師もいます。
 診察受けても意味無いような気がするときがあります・・・(トホホ)

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン
◆◆◆◆ うつ病・健康リンク ◆◆◆◆
  ある日の心療内科、いつもの心療内科。
  元気ない40〜50代、男性ホルモン少なく…該当者かなぁ?
  うつ病通信/息子の運動会に行けなかった!
「たけしの本当は怖い家庭の医学」で紹介の症状が当たってた・・・
  「睡眠7時間台でうつ最少」との調査結果が・・・。
 不健康のデフレ・スパイラル・・・。
  うつ病/川崎の元会社員、時効後に労災認定
  硬膜外ブロック注射!痛い!出費も痛い!
   政府自殺総合対策会議…自殺率20%減らすって?
  「労災病院まとめ」05年度、職場での人間関係・悩み、17%増…「警察庁」自殺対策、原因・動機など詳細を
  微妙な未病?
  超・体調不良…不定愁訴の波が襲う!メンタルが先か、フィジカルが先か?
  1月22日・うつ病日誌
  1月10日・うつ病日誌…平然を装いながら、青息吐息
   新春「初うつ」第一弾は「悪夢から」!
年賀状、言葉の力、文字の力。
  入院患者自殺/一般病院の3割で…患者漂流
  厚労省調査−うつ状態:中学生の4人に1人!?
  うつ状態…眠前薬を飲み忘れ「悪夢」
  日テレ・大杉君枝アナ自殺か…線維筋痛症に悩む?
「耳が痛い!」
「うつ病」と歯医者さん//うつ通信10
「うつ病」で夏休み。子供の熱血担任が・・・/うつ通信癸
雅子さまのご病状と週刊誌の非常識(怒)・うつ通信癸
 うつ病と家族・うつ通信癸
うつ病は「心」と「身体」の病気です・うつ通信癸
うつ病の憂鬱・うつ通信癸
うつ病のこと・うつ通信癸
恐るべしストレス。うつ病=「心の骨折」・うつ通信癸


| HOME | うつ病・心の病、健康 | 03:03 | comments(19) | trackbacks(0) |


ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。  
infoseek
+ SELECTED ENTRIES
+ 記事の分類です
+ 過去の記事です
+ Thanks−COMMENTS
+ Thanks−TRACKBACK
+ LINKS
+ PROFILE