子育てパパのブログ日記(Blog・Trek)

ブログをお引っ越ししました。


ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
「耳が痛い!」

 【耳が痛い】
 他人の言葉が自分の弱点をついていて、聞くのがつらい。「親友の忠告を聞くのは―・い」

 辞書には、「耳が痛い」をこう書いてあります。

 小生も、先輩・同僚や友人からさんざん耳が痛いことを聞き続けてきたせいか、本当に耳が痛くなってきました。
 昨年末には、腹黒い性格が実体化して、大腸ポリープができてしまいましたし、最近ツキがありません。

 右耳が痛いのですが、自分でもどこが痛いかハッキリしません。
 耳の奥が痛いような、耳の下あたりが痛いような、こめかみが痛いような・・・・。
 結構我慢できないぐらい痛くて、前に歯の治療をしたときに歯医者さんでもらった頓服を飲んで痛みをしのいでいました。

 ここ何年か、耳に鈍痛は感じていたのですが、我慢できる軽い痛みだったので放置していました。
 なにか耳の病気かなぁと思いながらも、耳鼻科は待ち時間が長いから医者に診てもらうこともありませんでした。

 最近になって、歯茎の痛みや頭痛などで歯科にいったら、マウスピースを寝るときにつけて様子を見ると言うことになり、顎関節や噛み合わせを気に掛けるようになったのですが、これをきっかけに耳のすぐ横に顎関節があることを思い出しました。

 ということは、耳の痛みは、本当は顎関節の痛み?
 顎関節症って、ストレスやうつ病とも影響し合う関係らしい・・・。

 変形性頸椎症による背中などの痛みを緩和するためにペインクリニックに通っているので、医師に「どうも顎関節も悪いようで、痛くて仕方ない」と相談すると、いつもの頸椎症用の星状神経節ブロック注射に加えて、耳の下の首にもトリガーポイントブロック注射を打たれてしまいました。

 小生は、ツベルクリン注射でさえ嫌いなのに、首に2箇所も注射されてしまいました。
 あ〜怖かった!

 結局、注射2発の他に、痛み止め薬「ボルタレン」を10回分もらって帰ってきました。

 翌日も、痛みが続き「ボルタレン」のお世話に・・・。
 今日も痛くて、首が緊張してコリコリに凝ってしまうし、痛みが気になってイライラします。

 次に、歯医者さんに行ったら、「耳のあたりが痛い」ことを相談しようと思いますが、歯医者さんって「歯の磨き方が悪い」「もっと早く来ないから酷くなっている」などと“耳の痛い”話をよくするから、よけいに耳が痛くなったりして・・・・

 こんな、アホなシャレをいってる場合ではないのですが・・・・

大塚製薬の通販 オオツカ・プラスワン
◆◆◆◆ うつ病・健康リンク ◆◆◆◆
  ある日の心療内科、いつもの心療内科。
  元気ない40〜50代、男性ホルモン少なく…該当者かなぁ?
  うつ病通信/息子の運動会に行けなかった!
「たけしの本当は怖い家庭の医学」で紹介の症状が当たってた・・・
  「睡眠7時間台でうつ最少」との調査結果が・・・。
 不健康のデフレ・スパイラル・・・。
  うつ病/川崎の元会社員、時効後に労災認定
  硬膜外ブロック注射!痛い!出費も痛い!
   政府自殺総合対策会議…自殺率20%減らすって?
  「労災病院まとめ」05年度、職場での人間関係・悩み、17%増…「警察庁」自殺対策、原因・動機など詳細を
  微妙な未病?
  超・体調不良…不定愁訴の波が襲う!メンタルが先か、フィジカルが先か?
  1月22日・うつ病日誌
  1月10日・うつ病日誌…平然を装いながら、青息吐息
   新春「初うつ」第一弾は「悪夢から」!
年賀状、言葉の力、文字の力。
  入院患者自殺/一般病院の3割で…患者漂流
  厚労省調査−うつ状態:中学生の4人に1人!?
  うつ状態…眠前薬を飲み忘れ「悪夢」
  日テレ・大杉君枝アナ自殺か…線維筋痛症に悩む?
「耳が痛い!」
「うつ病」と歯医者さん//うつ通信10
「うつ病」で夏休み。子供の熱血担任が・・・/うつ通信癸
雅子さまのご病状と週刊誌の非常識(怒)・うつ通信癸
 うつ病と家族・うつ通信癸
うつ病は「心」と「身体」の病気です・うつ通信癸
うつ病の憂鬱・うつ通信癸
うつ病のこと・うつ通信癸
恐るべしストレス。うつ病=「心の骨折」・うつ通信癸


| HOME | うつ病・心の病、健康 | 16:51 | - | trackbacks(0) |

やかんにチョーク混入で13歳の男子生徒補導
Yahoo!ニュース - 時事通信・神戸
13歳の男子生徒補導=「先生ら驚かせようと」−市立中の茶にチョーク混入・神戸 神戸市中央区楠町の市立楠中学(加地公男校長、生徒数289人)で4日、異物が混入されたやかんの茶を飲んで生徒12人が入院した事件で、兵庫県警生田署は5日、やかんにチョークを入れたとして、同中2年の男子生徒(13)を補導し、児童相談所に通告した。 男子生徒は事実を認め、「先生や他の生徒を驚かせようとした。すみませんでした」と涙を流して反省しているという。 調べによると、男子生徒は4日午後零時40分から50分ごろ、2年生の教室内で、教卓に置いてあった茶が入った共用のやかん(5リットル入り)の注ぎ口から、2つに割った黄色の新品チョークの1片を混入した疑い。チョークは黒板の下の部分に置いてあった。 (時事通信) - 10月5日23時0分更新
 補導された男子生徒は、やったことは間違いだし、行為の結果に対する創造力の欠如がこんな結末を招いたから、仕方ない。
 だけど、この男子生徒にちょっぴり切ない気持ちも致します。
 チョットしたイタズラ気分で起こした騒ぎだと思う。
 女子に、蛙とか見せて驚かす程度のイタズラじゃなかったのかなぁ。
 全国紙で「傷害容疑で捜査」などと書き立てられて、男子生徒は生きた心地がしなかっただろうと想像いたします。

 さて、ここから先は角度を変えてこの事件を見てみます。

 まず、やかんに入れたチョークの素材に健康を害する物質が使用されていたのか否か?
 例えば「コッコチョーク」という品名の卵の殻から産まれたチョークが販売されています。
 このチョークは、キユーピー株式会社がマヨネーズ等を製造する際に発生する卵殻を、清潔に洗浄・殺菌した天然の炭酸カルシウムが素材です。
 比重が従来のものより重たいため、粉末の飛散が少ない上に、使用後のチョークの粉は、花壇にまくと、ちょっとした土壌改良材として使えるそうです。
 チョークの粉末は飛散するものだから、児童・生徒の健康を考えると、学校は普段から安全性を考慮して購入すべき消耗品です。

 次に、新聞の書いたことだけで総てを判断できるのか?
 新聞では13歳の男子生徒補導とだけ書かれていますが、この「男子生徒」が普段から明るくイタズラ好きな人気者の場合もあれば、茶髪で喫煙などの問題も起こす生徒指導の手のかかる少年の場合もありますし、目立たないごく普通の中学生かも知れません。
 それぞれの場合で、随分事件の印象が変わりますよね。

 だから、小生みたいに単純に「大騒ぎになって男子生徒は可哀想だなぁ」などと言えるような事だったのか、普段から教師が汗を流している背景があるのかは、新聞を読んだだけでは分かりません。

 やかんの茶を飲んで入院した生徒12人が、重篤な症状に陥らず快方に向かっていることだけは間違いないようなので、不幸中の幸いとして喜びたいと思います。

オムロン体重体組成計カラダスキャンチェックHBF-352
オムロン体重体組成計カラダスキャンチェックHBF-352
| HOME | 教育・子育て・学校 | 08:57 | - | trackbacks(1) |

堀内監督退陣。巨人軍悪夢の2年が終わった!
スポニチ Sponichi Annex ニュース 野球
堀内監督「あんまりいいことなかった」 背中が泣いていた。試合終了からわずか27分後。堀内監督は1度も足を止めることなく、東京ドームを去った。 「終わりました。長い2年?そうですね。あんまりいいことなかったから」。この日読売新聞東京本社で渡辺球団会長、滝鼻オーナーに辞意を伝え了承された。だが任期を1年残しての退任。事実上の“解任”だった。東京ドームでの会見では「惨敗」を2度言い「全責任は私にあります。(ファンには)私の退任で許していただければ」。そして「敗軍の将、兵を語らず。これが今の心境」。胸にこみあげるものをグッと抑えた。会見場も東京ドーム内の控室(略) 巨人で優勝することなく、負け越したまま退団する“借金監督”は史上初。最終戦も飾れず、80敗というシーズン最多敗戦の球団記録までつくった。「新しいスタッフが巨人軍を盛り上げていきながら強いチーム、球界の盟主たるチームになってくれればというのが私の思いです」。敗軍の将の最後の切なる願いだった。 [ 2005年10月06日付 紙面記事 ]

最後の最後まで、堀内監督のコメントは第三者的だった。
 「敗軍の将、兵を語らず。」と言うコメントも、「兵が働かなかった」と言いたげに聞こえる。
 けが人との相談で2年間が終わったとのコメントも耳にしましたが、仰木監督のやりくりほどの努力も見えなかったし・・・。

 ドラフトで辻元を引き当て「俺にもツキが残ってる」と喜んでた・・・ってことは、巨人の不信の原因はツキがなかったことだと堀内監督は思っていた様子。

 「全責任は私にあります。」と最後にようやくコメントしたから、もういいや。
 気持ちを切り替えて、原監督の下、新生巨人軍を応援するとしよう!

ティエンポミスティックTF白赤
ナイキ ティエンポミスティックTF白赤

| HOME | 野球・巨人・スポーツ | 08:19 | - | trackbacks(1) |


ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。  
infoseek
+ SELECTED ENTRIES
+ 記事の分類です
+ 過去の記事です
+ Thanks−COMMENTS
+ Thanks−TRACKBACK
+ LINKS
+ PROFILE