子育てパパのブログ日記(Blog・Trek)

ブログをお引っ越ししました。


ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
郵政解散。米国が何を言おうが、我が国の未来を選ぶ
 日米規制改革イニシアティブで「競争条件の均等化であるとか、保険と銀行の公正な競争をやれるようにしろ」「日本郵政公社の民営化は意欲的かつ市場原理に基づくべきだ」とかの米国側要求や、米国政府・経済界資料等を根拠に、郵政民営化は米国が郵貯340兆円を攫っていくための施策だというような議論があります。
 国会でもよく話題になり、民主党以下各党が政府を追及していましたから米国政府・経済界の要求は広く周知されていますね。
 小泉さんが20年前から郵政民営化説いていたことは誰もが知る事実で、米国も小泉さんが総理になった時点で、郵貯・簡保の解放・解体を狙ってくるのは当然です。
 民主党流に言えば「米国の要望による民営化だ!」と言うことになりますが、小泉という政治家の誕生と明らかに時系列が合致しませんから、小泉さん総理になってようやく日本を土俵に連れ出すことが出来ると米国政府が考えたというのが正解かな。
 米国に限らず、340兆円も目の前にあれば内外から狙われるのは当然ですが、米国に狙われただけで、塀の内側ですくみ上がっていて国が豊かになるのでしょうか?
正々堂々、国際的土俵で米国の挑戦を受けて立てばいいのではないでしょうか。
 外資の攻勢を恐れて、息を潜めて現状維持を決め込んでいては海外からどう思われるのか。
「国際金融業は、もう少し待てば日本の郵貯の350兆円を手にする事が出来る。(フィナンシャル・タイムズ)」などと戦略なき我が国を軽蔑されていても平気でいられるのか。
 民営化と同時に郵貯・簡保340兆円が米国連銀に振り込まれるとか、米軍に爆撃受けるというなら別ですが・・・

 財務省が発表した7月の対内・対外証券投資によると、外国人投資家は日本株を1兆3733億円買い越しており、1万2000円台を回復した日経平均株価の上昇を主導した模様だとのことです。
 株高で企業も基礎体力を回復し、日本人個人投資家も歓迎する傾向だと思います。
 自国に自信を失った日本人が株を買わない中で、外国人が日本株を大量に購入したことが株高を呼んでいるのかと思います。

 小生、ハゲタカ外資がいることも間違いないとは思います。
バブルでボロボロになった隙だらけの我が国がハゲタカファンドに狙われた経験で日本人が外資に脅威を抱くのは仕方ありません。
外資で息をつなぎ再上場を果たした「新生銀行」が「貸しはがし」を進め、多くの倒産を招いたという点を引き合いに出して「外資脅威論」が語られることがよくあります。
 そもそも、「新生銀行」成立にいたる敗北のストーリーは「旧長銀」において巨額の不良債権を隠蔽・先延ばしして延命を図ろうとした犯罪的な企業ガバナンスが原因。
(この「新生銀行」が日経新聞が3大都市圏の個人を対象に実施した第2回金融機関評価調査で「顧客満足度1位」になっとことは皮肉な結果です)
 「旧長銀」の実質的破綻が明らかになった時点では日本は金融パニックに近い状況があり、日本側はやすやすとリップルウッド中心の米国系投資ファンドに「旧長銀」をゆだねてしまった。
 素人的に考えると、決断を先延ばししていた羊のような日本が、決断の早いハゲタカ外資に負けたって事かな。
しかし、「失われた20年」を高い授業料払って体験学習し、なんとか第二の敗戦からの復興期を迎えたのですから、これからは反転攻勢に出てバブル後に失った富を取り戻すぐらいの気概を社会全体で持って、活力ある日本に改革していかなければ、少子高齢化社会で多額の公的債務を抱える我が国の衰退は火を見るより明らかではないでしょうか。
 先に否決された郵政民営化法案の制度設計上は340兆円の4分の1の縮小を見込んでいるので80兆円程度が市中に流通するとすれば、それを元手に日本の企業活動が活発化し、競争力を増して富を生み出せばよいことだと思います。
 少なくとも、郵貯と官僚は「猫にカツオ節」の関係ですから、官僚が赤字国債を思うがまま使っている今の財政構造よりはマシだと思いませんか。

 また、外資が総て悪だと考えると、逆に日本がチャンスを失うような気がいたします。
よく外国資人が経営悪化で二束三文になった日本企業を買収しますが、ファンドは価値を高めないと儲けにはなりませんから、企業を再生してから利益確定して売りに出しますでしょ。
価値が高まり生き返った企業という富が日本に残るではありませんか。
ルノーの支援を受け、ゴーンさんが来て破滅の道から生還した「日産」の儲けは全部外国に流れたのでしょうか?
それに、外資が総て勝利したかと言えば、流通では西友に投資するウォルマートも苦戦中ですし、カルフールも失敗しましたでしょ。
 小生、情緒的には、外資ハゲタカ論を聞くと、戦時中の「鬼畜米英」というスローガンや、ヒトラーの「ユダヤ脅威論」を連想して恐ろしくなります。

 日本は石油危機を乗り越え、ドルショックも乗り越えてきました。
 これらの経済危機から学習して得た知恵は今も生きていて、多少「円」が上下しても企業は持ちこたえています。
 今次の史上最大の原油高にも耐えています。
 日本は捨てたものでは無いと思いました。
 バブルの経験も必ず生かすことが出来ます。
 塀の内側で、外国の攻勢をいなしてばかりしていなくても、構造改革により基礎体力をしっかりつけていれば日本国は大丈夫です。
 日米貿易摩擦で輸出の自主規制に追い込まれた自動車業界は、今や、トヨタが米国で自社製品を値上げして不調の米国自動車業界に対して、こちらから調整を行うだけの企業力が付いているではないですか。

 逆に、守りに入ったり、従前のような外交姿勢でいると「バブルの後始末」の失敗のように、長くツケを残すこともありますし・・・
 あのときは、国内にあふれていた40兆円ともいわれる余剰金を、政府・日銀が一気にしぼりに出たために株価・地価が値下がりし、資産価値の下落にあわせて消費・企業の投資活動が冷え切ってしまったのですよね。

 ちなみに、民主党の小沢一郎副代表は先週末の自身のホームページのビデオメッセージで「貯金と(簡易)保険は民営化の方向で考えるべきだ」と明言。鳩山由紀夫元代表も15日、東京都内の街頭演説で「郵貯、簡保は基本的に民営化だ」と訴えたそうで、否決された郵政民営化法案より一歩踏み込んで郵貯・簡保の解放まで視野に入れている様子がうかがえます。
 民主党のマニュフェストでも郵貯・簡保を数年かけて50%に縮小すると言っていますから、民主党が総選挙に勝利しても150兆円(概算ですが)が市中に流通することになります。
 キッパリ郵貯・簡保の現状維持をうったえている政党は国民新党、社民党、共産党と言うことになります。

 最後に、現在の米国財政上の最大の興味は『財政赤字と経常収支赤字といういわゆる「双子の赤字」が拡大してきており米国の経常赤字を大幅に削減』することにあります。
 財務体質悪化に伴う信用収縮、ドルの急落等を米国は恐れています。
 日本人は1億人、米国人は2億人、明らかに米国市場が大きい。
米国は強大でスケールメリットを持つ反面、双方の経常収支を考えれば、大きな市場を相手に商売できる日本は有利です。
 今後、米国と戦うに当たっては、このあたりを念頭に政策を推進し、企業活動を展開すれば「プラザ合意で」レーガン政権に乗せられたような事にはならないと考えます。

 以下は、蛇足・妄想の類ですが、8月2日の参議院郵政民営化特別委員会で、民主党・桜井充議員は「米国通商代表ゼーリック氏から竹中大臣にあてた手紙がございます」として竹中大臣にあてた私信の写しを公開しているが、どこから、どうやって「ゼーリック通商代表」→「竹中大臣」の手紙を入手できたのか?
 そして、米国は本気で戦略的に事を進める気であれば気配も見せずに襲いかかってくると思うのだけど、郵政民営化に関して米国側の文書・資料・発言が妙にあからさまに出てきます。
 米国が、これほど手の内を見せてくるのはどういう事か?
 何か意図的なことでもあるのだろうか?

 以上、小生の私見であります。
 米国に言われたから「GO」でもなく、米国に言われたことは何でも「NO」でもない、米国だろうが中国だろうが誰に何を言われても我が国の国益に叶う道を、各々で考え信じるままに投票行動することが社会の要請ではないかと思います。
 我が国では憲法で思想・信条、言論の自由が保証されている上に、考え方も十人十色。様々な意見が存在します。
 ですから、以上の文書は、小生が思い・信じる私見であることを重ねて申し添えるものであります。

【追記8/21】二十歳の青年が、正々堂々世界で戦っています。
Yahoo!スポーツ - ニュース - 平山、デビュー戦で2ゴール=逆転勝利の立役者−オランダ・サッカー
平山、デビュー戦で2ゴール=逆転勝利の立役者−オランダ・サッカー2005年8月21日(日) 9時31分 時事通信 【ロンドン20日時事】サッカーのオランダ1部リーグ、ヘラクレスに加入した平山相太は20日、アウエーで行われたデンハーグ戦で後半途中から出場してプロデビューを果たし、2ゴールを挙げる活躍でチームを2−1の逆転勝利に導いた。 就労ビザ取得が間に合わず、開幕戦でベンチ入りできなかった平山は0−1の後半30分から登場し、同32分にFKを頭で合わせ同点ゴール。さらに同38分には左CKの折り返しを再び頭で押し込んだ。今季昇格のヘラクレスは通算1勝1分け。 平山は福岡生まれの20歳。高校サッカーの強豪、長崎・国見高から昨年筑波大に進学したが、7月末に渡欧し、ヘラクレスと契約した。190センチの長身FWとして将来を期待されており、アテネ五輪と2度の世界ユース選手権出場を経験している。 


【決算大特価40%OFF!】パソコンでラベル機 テプラ SR3500P さあ!今がチャンスです!この...
【決算大特価40%OFF!】パソコンでラベル機 テプラ SR3500P さあ!今がチャンスです!この...

(((((((((((((((((( 郵政民営化問題記事リンク ))))))))))))))))))))
新党日本は「霞が関」を変える?
総選挙と地球温暖化問題 「京都議定書」は未来へのマニュフェスト
「岐阜1区佐藤ゆかり氏不倫騒動」等とメディアについて
民主党が「郵政8万人削減」「年金目的消費税導入」と「一般消費税増税」に言及
党首討論会で小泉首相が見せた怒りのパワー
党首討論会に新党日本の田中康夫代表が欠席
自民党・武部幹事長の「消費税発言」と「八代英太元郵政相の公認問題」
2005総選挙マニュフェストに「まやかし」は無いか?
民主党・岡田代表の「2大政党の時代だ」って発言、チョットまずかったと思います
自民・比例代表だった長谷川憲正参院議員が、国民新党から新党日本へ???
民主党、菅直人前代表、お言葉が過ぎますよ!
民主党内の「郵貯・簡保縮小廃止論」や「郵政民営化論」
ホリエモンVS亀井静香、そして「新党日本」。どうだかなぁ・・
郵政解散。橋本元首相引退と小泉白紙委任論
「国民新党」候補者公募の論文テーマが凄い!
小泉総理に「郵政民営化」を提言した民主党議員が「郵政民営化」に反対!
郵政解散。米国が何を言おうが、我が国の未来を選ぶ
民主党が「自民党分裂選挙対策室」を設置
民主党、お得意のマニフェスト拝見
郵政解散 「民主党」が「連合」と政策協定
郵政解散。テレ朝系「ワイドスクランブル」真っ昼間から偏向報道?
郵政民営化法案「付帯決議」を検証。これでも否決、解散
郵政解散、暴挙「連合が自民造反組支援も」

「「「「「「「「「「「「 ついつい怒ってしまう記事リンク 」」」」」」」」」」」」」」」
 喝!JAL系機「部品落下事故」と「国土交通省」
 菊間アナと、日航機の8200m緊急降下事故
小矢部市の小1水死事件と、菊間アナ未成年飲酒事件
コラッ!毎日新聞、原爆黙とう記事で高野連に謝罪

ラブ ラブ うつ病通信リンク  ラブ ラブ

雅子さまのご病状と週刊誌の非常識(怒)・うつ通信癸
心のケア資格創設法案の提出断念について〜「アスベスト」「女王の教室」そして「国会」と・うつ通信癸
 うつ病と家族・うつ通信癸
うつ病は「心」と「身体」の病気です・うつ通信癸
| HOME | 郵政民営化問題 | 13:12 | - | trackbacks(21) |

http://picard.blog.bai.ne.jp/trackback/14586
あえて劇薬を飲むか〜郵政民営化問題に思う〜
 まず、はっきり言ってしまうと、既存の郵便事業の能率云々(過疎地を含む全国一律のサーヴィス云々、郵便局の窓口業務がどうのこうの、信書の取り扱い云々、郵送のスピードetc)は、実はどうでもいい論点だと思われる。郵政改革の本当の主眼は、自民党の族議員が地方
| うたたねの記 | 2005/08/19 2:44 PM |
小泉とシュレーダー
イラン攻撃加担しない…選挙向け?独首相が再び米批判 以下引用 「私が首相である限り、ドイツがイラン攻撃に加担することはありえない」――。9月18日の総選挙を前に、劣勢に立たされているドイツのシュレーダー首相が、3年前の
| 溶解する日本 | 2005/08/19 7:26 PM |
『新党大地』発声準備完了?
ムネオハウス問題で辞職に追い込まれた鈴木宗男・元衆議院議員が『新党大地』を結党したそうで。まさか、綿貫元衆議院議長を代表に据えた『国民新党』を真似たわけではないでしょうが・・・北海道限定の地域政党を結党するのって労力掛からないのかしら? んなわけない
| もののけ電波塔・ブログテスター | 2005/08/20 2:55 PM |
アンケート(郵政民営化&郵政民営化法案)
この前「郵政民営化法案と郵政民営化」について書いたのですが、マスコミの報道を見ると郵政民営化の賛成か反対のみで郵政民営化法案の賛成・反対について触れるところがほとんどありません。 今回反対したのは郵政民営化法案であり、郵政民営化ではありません。しか
| 一誠館〜日々の戯言〜 | 2005/08/23 12:25 PM |
民主党の日米安保解体論
no.2 民主党の日米安保「公共財論」は、何を意味しているのか? 民主党は日米安保条約について、以下のように述べている。 「日中関係を再構築します。」 「日韓関係を強化します。」 「東アジア共同体の構築をめざします。」 「太平洋地域の公共財としての
| 民主党ウォッチ  | 2005/08/24 12:59 PM |
誰が喜ぶ郵政民営化
今回の選挙は郵政民営化一色に染まってる感じですが、本当にこの時期に民営化してよいものなのでしょうかね? 「とくだね」でも小倉キャスターが「他にも重要な問題がいっぱいある」といっていた。民主党は年金といってるけど、なんかそれも違う気がする。 マスコ
| ウオッチャー | 2005/08/25 11:00 PM |
ご注意!!
全然テーマとはちがうんだけど、小話ひとつ。{/kaeru_en3/} 最近、郵政民営化とか総選挙とか騒がしいですね{/face_setsunai/} ぶっちゃけそんなにおこるこたあーねえーだろ{/face_gaan/}とは思いますが、 小泉さんが各選挙区に送った対抗馬に対して、他党がおこってい
| life goes on | 2005/08/26 7:24 PM |
構造改革が進めば日本にイタリア人が増える!? 2003.6.X初出
というわけで 何のために死ぬか、というのは 何のために生きるか、と同じ事だと 僕...
| 仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌 | 2005/08/27 12:33 PM |
第44回総選挙公示だけど。
与党も野党も、「歴史的な総選挙」と呼ぶ、第44回総選挙が公示されました。立候補者は1132人で、前回03年11月の1159人を下回り、異例の「郵政解散」がもたらした総選挙は、過去最小となった。そんな中、ちょっと気になることが。。。自民党の山崎拓前副総裁が、29日に福
| 管理人のひとり言(ブログ) - aznableさんのブログ - みんなが作る!コミュニティサイト! | 2005/09/01 2:54 AM |
決戦・郵政民営化
今私の中では、来月9/11の総選挙を睨んで「選挙に備えて本を読もう月間」へと突入しているので、まずは猪瀬直樹さんがまとめた最新の郵政対談集「決戦・郵政民営化」という本を紹介したいと思います。郵政法案をめぐって内閣解散、自民党分裂という大変なことになってい
| 風のまにまに号 | 2005/09/06 7:34 PM |
エクソダス2005《脱米救国》国民運動を始動しよう!
コイズミウソツキドロボウ政権悪徳政治4年の総決算 ‐泉は「小さい政府」と言いながら増税・国民負担増・給付削減を押し付けてきた ⊂泉は「改革」と言いながら既得権益を国民の目の届かない私企業に移してきた 小泉はすでに10年前から米国政府・資本の郵政民
| エクソダス2005《脱米救国》国民運動 | 2005/09/06 11:47 PM |
郵政民営化後、海外に郵貯資金云々は鎖国と同じ
今更という感があるけど、まだ書いてなかったので、一応書きたいと思う。 一部の間で、 「郵政民営化することで、郵貯、簡保の資金が海外へ流れてしまうので反対だ!」 ということを言う人がいる。 確かに、それ自体は間違ってはいない。 しかし、よく考えてみて欲
| 兄やんの一言モノ申す | 2005/09/08 3:30 PM |
「郵貯・簡保の自然縮小と国家財政基盤の崩壊」について
「河宮・青木:郵貯・簡保の自然縮小と国家財政基盤の崩壊」を読みました。 ・河宮信郎:中京大学経済学部教授 ・青木秀和:民間の「財政問題研究者」のようです 長い論文ですので、小職が簡単にまとめてみました。 ・郵貯・簡保の本質は、民間の資金を政府機
| 国家破綻研究ブログ | 2005/10/16 1:29 AM |
rape videos
rape videos
| rape videos | 2006/07/10 10:53 PM |
anal sex
anal sex
| anal sex | 2006/07/28 7:36 AM |
asian sex
asian sex
| asian sex | 2006/07/28 8:20 AM |
porn movies
porn movies
| porn movies | 2006/07/28 9:12 AM |
nude pictures
nude pictures
| nude pictures | 2006/07/28 9:54 AM |
black women
black women
| black women | 2006/07/29 1:39 AM |
erotic stories
erotic stories
| erotic stories | 2006/07/29 2:26 AM |
sex mature
sex mature
| sex mature | 2006/07/29 3:01 AM |

ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< July 2016 >>
ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。  
infoseek
+ 記事の分類です
+ 過去の記事です
+ Thanks−COMMENTS
+ Thanks−TRACKBACK
+ LINKS
+ PROFILE