子育てパパのブログ日記(Blog・Trek)

ブログをお引っ越ししました。


ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
民主党の小泉俊明氏のブログに凄いことが書いてある。
 民主党の小泉俊明氏のブログに凄いことが書いてあります。
 表題は『IQが低い層に配れ』です。

 内容は、 「郵政民営化チラシに関して、竹中大臣による疑惑の発注を受けたと言われる受注業者の政府に対する内部文書が国会で明らかになった。」と書かれているのです。
 何が明らかになったかというと、 「その内容は、国民を『財界勝ち組企業、都市部ホワイトカラー』や『構造改革抵抗守旧派』など【IQ(知能指数)の高い層】と、
『小泉内閣支持基盤である主婦・老人層=具体的なことはわからないが、小泉総理のキャラクターを支持する』【IQの低い層】に分類し、後者の【IQの低い層】に絞って民営化チラシを配布せよ、という代物だ。」「これが小泉総理の支持率アップ作戦の実態だ。国民をバカにするにも程がある。」
と民主党小泉議員はブログに書いてます。
 文章の主語が曖昧で、誰が【IQの低い層】などと国民を分類したのかよく分かりません。
 (【IQの低い層】などと国民を分類した不届き者は受注した広告代理店だと、後日syunさんと言う方からコメントにて御教示いただきました。)

 「受注業者の政府に対する内部文書」というフレーズも「てにをは」が曖昧で、私の読解力不足では意味が不明です。
 (syunさんから「受注業者の政府に対する内部文書」と、おどおどしく表現されている文書の正体は、広告代理店の「企画書」のことであると御教示いただきました。ココをクリックしていただくと「企画書」を御覧になれます。
 文書というのは一部を抜き取ったり、はしょったりすると誤解を生んだりして恐いものだと小生は思いました。)
 
 さて、国民をバカにしているのは誰なのでしょうか?

【追記1】
 7月19日のTVタックルで民主党の原口議員が、政界の一部で「小泉内閣支持基盤である主婦・老人層=具体的なことはわからないが、小泉総理のキャラクターを支持するIQの低い層を【B層】って言われている」と言う旨の発言をしていました。

【追記2】
 syunさんから、次にとおりコメントにて御教示いただきました。
 感謝して紹介させていただきます。 
政界の隠語ではなくて、政府の広告代理店の企画書において、A層【財界勝ち組企業、大学教授、マスメディア(TV)、都市部ホワイトカラー】→構造改革にポジティブでIQが高い、B層【主婦&子供を中心、シルバー層、具体的なことはわからないが小泉首相のキャラクターを支持する層、内角閣僚を支持する層】 →構造改革にポジティブでIQが低い、C層【構造改革抵抗守旧派】→構造改革にネガティブでIQが高いと分けてあるのです。これが明らかになったってことです。
 これが真相なら情けないですねぇ。
 TVタックルの原田議員の発言の様子では、たかが広告代理店の造語が、隠然と国会議員達の間で市民権を得た言葉として通用してる様子がうかがえました。
 きっと、「A層」「B層」「C層」なる造語が国会議員の琴線に触れるんでしょうねぇ。
 心のどこかで、国民をそう言う風に思ってるんでしょうか。
 小生はいよいよ嫌な感じがしてきました。

 そして、すっかり郵政民営化の本質論が吹っ飛んだ郵政政局。
 テレビや新聞読む分には面白いけど、国家・国民にとっては不幸ですねぇ。
 民主党の江田五月議員のようなベテランが「小泉総理」をルイ16世に例えたりして・・・そんな質問して民営化法案を葬れるとでも思ってるのかなぁ。

【追記3】
 民主党の小泉俊明議員のブログにどなたかが『「竹中」「IQ」「低い」で検索かけても山のようにヒットしますが?むしろ今まで知らなかった貴方に驚き。』と小生の無知に対するおしかりのコメントを書き込まれていました。
 小生の無知は否定しませんが、「小泉内閣支持基盤である主婦・老人層=IQの低い層を【B層】って言われている」と広告代理店が作ったというフレーズを「これが小泉総理の支持率アップ作戦の実態だ。」として、いかにも小泉総理が「主婦・老人層=IQの低い層」と言っているような書き方されると、小生のようなIQの低い人間が誤解してしまいます。
 「受注業者の政府に対する内部文書」というくだりも、「広告代理店が作った企画書」と書けばいいのに、どうして小泉俊明議員は「竹中大臣による疑惑の発注を受けたと言われる受注業者の政府に対する内部文書が国会で明らかになった。」と、主語を曖昧にした記事をブログに書き込んだんでしょうか。
 読み方によったら、竹中大臣が【IQの低い層】にチラシを配るよう指示したみたいに思っちゃいます。
 syunさんもそう思うでしょ。

 反則ワザと違いますか!
 なにか不可解で意図的なものを感じます。


【追記8/20】
 平成13年11月21日に、超党派の議員による「郵政民営化研究会(事務局長:松沢成文当時民主党議員)」の緊急提言を、小泉総理、片山総務大臣(現・自民参院幹事長)あてに申し入れしています。
 緊急提言には、今回郵政民営化反対を強く訴えている民主党・小泉俊明議員も名を連ねていたことを見つけてしまいました。
提言には
「本研究会の郵政事業改革についての基本的な考え方は、「民間でできることは、民間で行う」という自由主義経済の原則にもとづいて、民営化を進めることにある」「郵政公社を民営化への一里塚として捉えるべきで・・・・」と書かれており、郵政民営化を強く政府に訴えておられました。
 これっていったい????
関連記事へはココをクリックしてください

【2個で送料無料】SDA理論を越えた特許取得!スーパーサイエンスダイエット『ディアナ』
【2個で送料無料】SDA理論を越えた特許取得!スーパーサイエンスダイエット『ディアナ』

(((((((((((((((((( 郵政民営化問題記事リンク ))))))))))))))))))))
自民・比例代表だった長谷川憲正参院議員が、国民新党から新党日本へ???
民主党、菅直人前代表、お言葉が過ぎますよ!
民主党内の「郵貯・簡保縮小廃止論」や「郵政民営化論」
ホリエモンVS亀井静香、そして「新党日本」。どうだかなぁ・・
郵政解散。橋本元首相引退と小泉白紙委任論
「国民新党」候補者公募の論文テーマが凄い!
小泉総理に「郵政民営化」を提言した民主党議員が「郵政民営化」に反対!
郵政解散。米国が何を言おうが、我が国の未来を選ぶ
民主党が「自民党分裂選挙対策室」を設置
民主党、お得意のマニフェスト拝見
郵政解散 「民主党」が「連合」と政策協定
郵政民営化法案「付帯決議」を検証。これでも否決、解散
郵政解散、暴挙「連合が自民造反組支援も」
郵政解散、投票前に勉強!「郵便局はいかさま天国?」と日経ビジネスに
郵政民営化法案否決!鬼気迫る首相会見
喝ッ!郵政民営化反対の自民「鴻池・元防災相」
郵政民営化と政党政治の終焉
郵政民営化
就航断念の世界最高速船「テクノスーパーライナー」と「郵政民営化」について
郵政民営化で悩む?自民亀井派の永岡衆院議員が自殺
8月2日郵政民営化特別委員会での民主党って?
郵政民営化法案否決!議員の本音が見えた!

「「「「「「「「「「「「 ついつい怒ってしまう記事リンク 」」」」」」」」」」」」」」」
 日航機「部品落下事故」と「国土交通省」(喝!)
 菊間アナと、日航機の8200m緊急降下事故
小矢部市の小1水死事件と、菊間アナ未成年飲酒事件
コラッ!毎日新聞、原爆黙とう記事で高野連に謝罪
菊間アナと、「ヤミ専従」と、ユニセフからピンハネした「経済産業省」

| HOME | 郵政民営化問題 | 04:57 | - | trackbacks(4) |

http://picard.blog.bai.ne.jp/trackback/9606
郵政民営化、でも欠席って・・・
郵政民営化法案が賛成233票、反対228票のわずか5票差で可決した。自民党内で37人の議員が反対票を投じた。まぁ、反対票は良い。その法案に反対だと言う意思表示なのだから、同じ党内にいても納得できないものは納得できないと言ってくれた方が分かりやすい。(本音が
| 不登校社長の日々思うこと | 2005/07/12 11:12 AM |
冗談のわからない民主党
鉢呂国対委員長: 首相の「野党の審議拒否伝染」発言を批判 http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/20050525k0000m010036000c.html 民主党の鉢呂吉雄国対委員長は24日の記者会見で、中国の呉儀副首相が小泉純一郎首相との会談をキャンセルしたことをめ
| 思うて学ばざれば則ち殆し | 2005/07/21 7:16 PM |
民主党の手痛いミス
 仕事柄、政治的なことはブログにできるだけ書かないようにしているが、今回のことは記録にとどめておきたい。総選挙のことだ。民主党は戦術ミスを犯した。全国紙、ブロック紙だけに政党広告を出し、地方紙は無視してしまった。世論調査で自民党優勢と出て、今頃、慌て
| 万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記 | 2005/09/09 8:52 PM |
rape porn
rape porn
| rape porn | 2006/07/10 11:10 PM |

ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。  
infoseek
+ 記事の分類です
+ 過去の記事です
+ Thanks−COMMENTS
+ Thanks−TRACKBACK
+ LINKS
+ PROFILE