子育てパパのブログ日記(Blog・Trek)

ブログをお引っ越ししました。


ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
靖国問題、中国の対応に変化?
@nifty:NEWS@nifty: (読売新聞)
上海市、反日デモへの不参加呼びかけ(読売新聞) 【上海=加藤隆則】上海市の焦揚・報道官は19日の定例記者会見で、小泉首相の靖国神社参拝に関して、「市民や学生たちは、社会秩序維持(の必要性)を自覚し、愛国の感情を仕事や勉強に生かしてほしい。違法なデモには参加しないよう望む」と呼びかけた。 また、会見後、記者団に対し、「中日間の民間の友好活動や経済活動が影響を受けることはない」と語った。 報道官の発言は、社会の混乱を招きかねない反日デモを封じ、日中経済関係への悪影響を最小限にとどめたい中国当局の姿勢を反映したものだ。(略)[読売新聞社:2005年10月19日 20時46分]
 小泉首相の靖国参拝に、マスコミはこぞってアジア外交の冷え込みを問題視していましたが、どうも中国の対応が微妙にこれまでと異なり始めているように感じます。

 日中外相会談が中止になるなど、表面的には中国政府は強硬姿勢を見せていますが、上に引用した記事のように、冷静な対応も見せています。

 何故、中国政府の対応に変化が起きたのでしょうか。
 いくら恫喝しても、靖国参拝を中止しない日本の姿勢を、それなりに受け止めているのでしょうか。
 教科書問題や、靖国問題等を外交カードに使って日本側の譲渡を引き出す、これまでの手法が通じにくくなっていることを感じているのかも知れません。

 靖国参拝において服装や参拝形式を簡素にした、小泉首相のからの中国側への配慮のメッセージが正しく理解されたのかも知れません。

NIKKEI NET:国際 ニュース
中国が「民主主義」白書・1党独裁下での「発展」強調 【北京=桃井裕理】中国政府は19日、「中国の民主政治建設」と題した白書を発表した。白書では1党独裁を続ける中国共産党が社会の発展に果たした役割を強調し、「中国の民主主義は中国共産党が指導する民主主義である」と述べた。 中国政府が民主化に関する白書をまとめたのは初めて。米国が中国の人権問題や民主化の遅れを強く批判していることに反論したとみられる。白書では「共産党による社会主義民主政治は中国の国情に合致した選択」と強調している。 (20:00)
 この記事も、日本の常識から考えると「1党独裁」と「民主主義」が両立するとは考えにくいのですが、10億を超える人民を統治する「中国の国情」からすると、「合致した選択」と言うことになるのでしょう。
 靖国問題や、反日思考も「中国の国情」に則した中国政府による“演出”だと考えなければならないのかも知れません。
 いずれにせよ、中国とのつき合い方には、日本の作法では相通じないので、今後もねばり強く日本の考え方をはっきりと伝え続ける必要があると思います。

体圧分散マット敷ふとん・三つ折りタイプ(シングル)
体圧分散マット敷ふとん・三つ折りタイプ(シングル)

「「「「「「「「「「「「 ついつい怒ってしまう記事リンク 」」」」」」」」」」」」」」」
 村上ファンドVs阪神タイガース。村上氏は仁義を知らない!
 少年野球敗戦後「ペナルティー」猛特訓で中2死亡
 8億5千万円申告漏れ、どうする「アイフル」
 修学旅行中に「飲食接待」を受けた中学教諭を懲戒免職
 官製談合事件で不当な利益を得た企業は賠償せよ。
 札幌市の小学校教諭が組織的な「ヤミ専従」




| HOME | 政治・経済・国際 | 10:00 | - | trackbacks(1) |

http://picard.blog.bai.ne.jp/trackback/23352
靖国参拝ってどうなん?パート
さて、前投稿で「靖国参拝」の流れを示したので、 ここからは「どうなん??」の部分に入ります。   露店で聞く実感などによれば、 「中国・韓国の内政干渉だ」という声が多い。 これをマスコミ報道の影響(小泉首相と同じ主張)としてもよいが、 僕は当然の
| なんで屋@滋賀 | 2005/10/21 2:57 AM |

ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。  
infoseek
+ 記事の分類です
+ 過去の記事です
+ Thanks−COMMENTS
+ Thanks−TRACKBACK
+ LINKS
+ PROFILE