子育てパパのブログ日記(Blog・Trek)

ブログをお引っ越ししました。


ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
中国人客のマナーの悪さに、香港ディズニーランド前途多難
Sankei Web 国際  (10/02 19:01)
幻滅!?「夢の国」 香港ディズニーランド≪立ち小便、座席争い殴り合い…マナー悪く≫ 【北京=福島香織】9月12日にオープンしたばかりの香港ディズニーランドが早くも悪評にさらされている。中国人客のマナーの悪さに加え、大気汚染や高い料金とで、夢の国はすっかり色あせた格好。(略) 「これがディズニーランドとは思えない」香港現地記者はそう指摘した。所かまわず子供に立ち小便をさせる母親、禁煙区でたばこをふかし、たんを吐き散らす男たち。(略)演劇の座席をめぐり男性2人が殴りあいのケンカをして上演が30分遅れる事態もあった。(略)「金額に見合うサービスでなかった」と、入場料と交通費の返還を求める裁判まで起きる始末だ。 スタートからつまずいていた。12日の開幕式は今年最悪のスモッグに襲われ「呼吸疾患のある人は室内で待機しなければならなかった」(28日付青年参考)。(略)【2005/10/02 東京朝刊から】
 香港ディズニーランドの敷地面積は126ヘクタールと、TDLの3倍近い広さで「東京ディズニーシー」と合わせた面積にほぼ近いというが、今はまだ一部開業なので、とても狭いとの悪評も聞きます。

 記事にある、立ち小便、くわえタバコの他、上半身はだかのオジサンが歩いていたり、オバサンがベンチに寝ていたりと、ディズニーランドのイメージとは違うようです。
 しかし、それもまた、中国の文化や生活習慣ですから仕方ない。
「香港ディズニーランド」のことは、そんなものだと思っておかないといけないような気がします。
 石原都知事は「民度が低い」と表現されますが、敢えて良く言えば“大陸的なおおらかさ” なのか。

 そもそも、資本主義を代表するアメリカ文化を象徴するような「ディズニー」が「中華人民共和国」とアンマッチな感じがいたします。

 昨晩見たフジテレビ「ジャンクSPORTS」で、シドニー五輪で女子リレー銅メダルの田中雅美さんと中村真衣選手が、中国での高地トレーニング合宿のエピソードをこんな風に語っていました。
 「中国で高地トレーニングをしていたんです。田舎なので施設が整ってないんですよ。プールは藻が生えてスレ違う選手も見えないくらい“真緑”なんです。3日くらい練習したが選手たちの体調が悪くなった。衛生上良くなかったんですよね。」
 「食事も最悪。向こうでは高級料理かもしれないけど、カエルとか出てきちゃって。スープをすくってみたらニワトリの頭が入っていたりして・・・」
 真緑のプールには入る気がしないけど、現地の人がそれで満足なら仕方ない。
 中国では猿を食べたりするそうですが、日本人が刺身やたこを食べるのを見て、ゲッと思う西洋人もいるだろうから、中国人の嗜好を認めざるを得ない。

 トイレも仕切が無くて我々には恥ずかしいとか、かつては飲食店で出てくるビールが冷えていなかったとか、文化や国情の違いを色々聞きます。

 「香港ディズニーランド」からは、なにやらインモラルな雰囲気が漂ってくるけど、文明・文化が違えばモラルも違うってことなのかな。
 グローバリゼーションと中華主義は相反する思考だしね・・・。


 どっちにしても、小生は飛行機が怖いので「香港ディズニーランド」にも「北京オリンピック」にも「上海万博」にも行かないから、直接嫌な思いする機会は当分なさそうです。

SWEET YEARS SS 新作! ロゴ刺繍ジップスウェット SYAP119
SWEET YEARS SS 新作! ロゴ刺繍ジップスウェット SYAP119
| HOME | ニュース・一般 | 12:04 | - | trackbacks(0) |

http://picard.blog.bai.ne.jp/trackback/20792

ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。  
infoseek
+ 記事の分類です
+ 過去の記事です
+ Thanks−COMMENTS
+ Thanks−TRACKBACK
+ LINKS
+ PROFILE