子育てパパのブログ日記(Blog・Trek)

ブログをお引っ越ししました。


ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
サンデープロジェクトに出演の中川昭一経済産業相は・・
 中川昭一経済産業相は、「北海のヒグマ」と呼ばれタカ派議員として知られていた、中川一郎・元科学技術庁長官の長男。
 1983年1月9日未明、札幌パークホテルのバスルームにて謎の自殺をとげた中川一郎氏の跡目を巡る、鈴木宗男氏との争いは、当時、「骨肉の争い」と書き立てられた。

 そんな、中川経産相も、郵政民営化反対で亀井静香氏、平沼赳夫氏が失脚したことも幸いして、いまや伊吹派のNo2。

 10月2日のサンデープロジェクトに出演していたが、微妙な「東シナ海資源開発問題」についての対談も、そつなくこなしていた。
 少なくとも、前任の平沼・前経済産業相よりは実力がありそうです。
 しかし、ジャケットの衿の上に、シャツの衿を出していた彼のクールビズは、個性満点だったなぁ。

 さすがに、中川一郎氏の長男だけあって、タカ派の片鱗がうかがえ、ちょと怖い感じがすることも事実。
 ただし、福田康夫氏や、麻生氏総務大臣、谷垣財務大臣が60歳を超えていることを考えると、以外と早い内に、父親が手に入れることの無かった宰相の座にも手が届くかも知れない。

 父・中川一郎氏の謎の自殺に、とてつもない政治的な秘密でもあって、中川経産相にも影を落としているなら別ですが、(少々気が早いけど)ポスト安倍晋三の一番手かも知れません。

NIKKEI NET:経済 ニュース
中川経産相、東シナ海資源開発問題「日中の閣僚級協議を」 中川昭一経済産業相は2日、記者団に対し、中国との間で懸案となっている東シナ海の資源開発問題について「日中の閣僚級協議をやってもいい」と述べ、問題の解決に向け双方の閣僚による話し合いを呼びかける考えを明らかにした。中国が天然ガス生産の準備を進める中、日本は問題の解決を急ぐ必要に迫られている。 この問題では1日までに東京で日中の局長級協議が開かれた。中川経産相は「局長級協議で海域の日中境界線(中間線)の両側での共同開発を提案したが、中国による開発の中止と情報提供とセットの話だ」と強調。まず中国側が現在進めている開発作業をやめ、地質構造のデータを日本に提供することが共同開発の前提との考えを示した。 (17:55)


赤兎馬とミニ焼酎サーバー 【全国送料無料】
赤兎馬とミニ焼酎サーバー 【全国送料無料】



| HOME | 政治・経済・国際 | 18:50 | - | trackbacks(0) |

http://picard.blog.bai.ne.jp/trackback/20689

ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。  
infoseek
+ 記事の分類です
+ 過去の記事です
+ Thanks−COMMENTS
+ Thanks−TRACKBACK
+ LINKS
+ PROFILE