子育てパパのブログ日記(Blog・Trek)

ブログをお引っ越ししました。


ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
民主党、前原新代表が代表質問に登場。ころっと変わった民主党?
NIKKEI NET: ニュース
国会は28日午後の衆院本会議で小泉純一郎首相の所信表明演説に対する各党代表質問を行い、与野党論戦が始まった。(略) 質問1番手の前原氏は民主の衆院選敗北を「真摯(しんし)に受け止め、強烈な反省に立って必ずや次の総選挙で政権交代を実現する」と強調。そのうえで「反対のための反対はしない。主要な政策課題は対案を示す」との新体制の基本姿勢を明らかにした。(略) 年金改革では、自民、公明両党がマニフェストに明記した「厚生年金と共済年金の統合」の実施時期などを明確化するよう要求。「与党は国民年金も含めた一元化案を早急に取りまとめ、協議に応じるべきだ」と、新たな対応も促した。(略) (13:56)
 NIKKEI NET:政治 ニュース
先の首相の所信表明演説に対する最初の質問に立った民主党の前原誠司代表は、郵便貯金・簡易保険を段階的に縮小する独自の改革案を示した。首相は政府の郵政民営化法案を最善の案と強調したうえで、民主党案について「強制的、急激な規模縮小では郵便局のネットワークが維持できない」と批判した。 前原氏は政府案にある2017年の完全民営化までの10年間の移行期間を短縮すべきだと主張。首相は「円滑な民営化の実現には相当程度の時間が必要だ」と反論した。 (22:05)
 「反対のための反対はしない。主要な政策課題は対案を示す」ことは、野党第1党の責務であり、高く評価したいと思います。

 それにしても、総選挙前の国会では「郵政民営化反対」で、全員が青票を投じた民主党の変わり身が早いことには驚きます。

 代表質問では、前原代表が、徹底的な郵政改革や縮小を小泉総理に迫っていて、小泉総理がかわすような展開。

 小泉総理の所信表明演説に拍手する小泉チルドレンを揶揄していた民主党が、この日は前原新代表の代表質問での「郵政改革推進論」に拍手している。
 この前まで「郵政民営化絶対反対!」だったはずなのに?????
 前の国会って、何だったのか?

 年金改革についても、民主党岡田前代表は、選挙終盤には「与野党協議」から民主党は降りるとお怒りだったが、前原代表は「与党は国民年金も含めた一元化案を早急に取りまとめ、協議に応じるべきだ」と方向転換。
 民主党のドラスティックな方向転換には驚きであります。

 しかしながら、「反対のための反対はしない」という、新しい民主党の方が健全で、我が国が前進するベクトルを持っている気がします。

 「年金協議」に限らず、国家財政再建についても、自民・公明・民主でプロジェクトチームを立ち上げて、国家の危機を回避して欲しいと感じました。

JOHNBULL(ジョンブル)ジャーマンカーゴデニムパンツ≪送料無料・代引き手数料無料≫
JOHNBULL(ジョンブル)ジャーマンカーゴデニムパンツ≪送料無料・代引き手数料無料≫
| HOME | 政治・経済・国際 | 08:16 | - | trackbacks(0) |

http://picard.blog.bai.ne.jp/trackback/20224

ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。  
infoseek
+ 記事の分類です
+ 過去の記事です
+ Thanks−COMMENTS
+ Thanks−TRACKBACK
+ LINKS
+ PROFILE