子育てパパのブログ日記(Blog・Trek)

ブログをお引っ越ししました。


ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
「2005年版国民の豊かさの国際比較」平均寿命はトップ、政府累積債務は最下位
日本の『豊かさ』10位社会経済生産性本部(谷口恒明理事長)は二十二日、「二〇〇五年版国民の豊かさの国際比較」を発表した。健康やマクロ経済など各分野を総合した日本のランキングは、経済協力開発機構(OECD)加盟三十カ国中十位(前年十四位)だった。 同本部は、世界銀行のデータなどを偏差値化し、計五十六の指標を作成。「健康」「環境」など六分野にまとめた。 日本の順位を指標別に見ると、平均寿命はトップ、病院ベッド数が二位、乳幼児死亡率や国民の高学歴率は三位。逆に、政府累積債務や国民一人当たりの観光収入は最下位、経済成長率は二十九位だった。 教育分野では、十五歳の生徒の科学力は二位だったが、読解力は十三位。同本部はフリーターやニートの増加傾向などを挙げ、「比較的良好だが、今後悪化する可能性がある」と指摘している。 総合ランキングのトップはルクセンブルク、二位はノルウェー、三位スウェーデンで、上位は欧州が独占。米国は十二位だった。
 国の豊かさを偏差値で図る「国民の豊かさの国際比較」で、我が国は、昨年の14位から10位へ上昇しました。

 日本の偏差値が高い分野は、
 「平均寿命」1位、「病院ベッド数」2位、「乳幼児死亡率」3位と、日本人が「簡単に死なない」という分野。
 これって一見よいことに見えるのですが、悪く考えると少子高齢化が進んでいると言うことで、喜んでいいのかどうかよく分からないですね。

 そして、学力低下が問題視されながらも「高学歴率」3位
 「学力」が低くても「高学歴」を得られるとは、日本の教育がインチキ臭い気がしてきます。

 逆に、偏差値の低い分野は、
 「政府累積債務」が最下位です。
 よくこれで、かつてのアルゼンチンみたいにデフォルトを起こさないものです。
 借金は多いけど基礎体力が強いと言うことでしょうか。

 また、「経済成長率」は29位で、「国民一人当たりの観光収入」は最下位という事実を考え合わせますと、今後我が国が「観光」等の“ソフト・サービス分野”を有効に活用すれば成長の余地が残っているのだとも考えられます。
 日本のアニメーションが海外で人気が高いことなどと合わせて考えると、資源のない我が国の進むべき方向が示唆されているように思います。

 ところで、「国民一人当たりの観光収入」最下位を象徴する民主党・小泉俊明、前衆議院議員(今回落選)のブログ記事を引用します。
小泉 俊明(民主党茨城3区) BLOG - 小泉 俊明
小泉総理の重点政策はヽ飴馥各政策と観光立国だ。 愕飴馭楞計画』により、外国人による日本企業の株式保有比率は、就任当初の約10%から、四年間で20%を超えた。このまま行けば、30%に迫る勢いだ。
 外国からも観光客を迎え入れ、観光関連分野の経済成長を期待し、また、外国人に我が国の良さを知ってもらう機会にもなる「観光立国」政策を、どうして、これほどまでに批判しなくてはいけないのか不明ですが、ついこの前まで国会議員だった人が「鎖国的」発想を叫んでいては「国民一人当たりの観光収入最下位」も仕方ないと思いました。

 教育分野で、「読解力」が13位というのは、少々気がかりです。
 文章や言葉を読み解く力がないと言うことは、考えを発信する力も期待できず、コミュニケーションの力が充分でないことだと思います。
 言葉などによるコミュニケーションこそ社会性の源泉だと思うのですが、「読解力」が13位では豊かな文化が育まれるのか懸念を抱かざるを得ません。

【送料無料】Japanese◆和◆Message ペンダント
【送料無料】Japanese◆和◆Message ペンダント
| HOME | 政治・経済・国際 | 10:54 | - | trackbacks(0) |

http://picard.blog.bai.ne.jp/trackback/19738

ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。  
infoseek
+ 記事の分類です
+ 過去の記事です
+ Thanks−COMMENTS
+ Thanks−TRACKBACK
+ LINKS
+ PROFILE