子育てパパのブログ日記(Blog・Trek)

ブログをお引っ越ししました。


ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
民主党からパクリ?小泉首相が「議員年金廃止」を自公幹部に指示 
asahi.com: 議員年金廃止の検討、自公幹部に指示 小泉首相 - 政治
2005年09月23日00時07分 小泉首相は22日夜、首相公邸で自民、公明両党の幹部らと会談し、「国会議員年金の廃止を早急に検討してほしい」と指示した。首相は昨年4月にも議員年金廃止を表明したが、自民党内の反発もあり、立ち消えになった経緯がある。 会談では、公明党の神崎代表が「議員年金の問題はそろそろ限界に来ている。早急に廃止すべきだ」と要請した。首相は「廃止するという大方針を国民へのメッセージとして打ち出すことが重要だ。すぐにやろう」と応じたという。(略)首相は共済年金と厚生年金の一元化の検討を進めるよう改めて指示し、議員年金については「自民、公明両党で早急に案を作成してほしい」と述べた。
 総選挙では自民党はマニフェストに議員年金廃止について、
 「民意を正確に反映するため、有権者の一票の格差を不断に是正することを目指し、また議員年金についても改革する。」としか書いていませんでした。
 「廃止」ではなく「改革」と書かれていたのです。
 「首相は昨年4月に議員年金廃止を表明した」とされていますが、総選挙では消極的な態度でした。

 一方民主党は、
 「議員年金をただちに廃止します。国会議員定数1割以上削減、衆院比例の定数80を削減します。」とマニフェストに明記していました。

 残念ながら、民主党はこのことを総選挙であまりアピールしていなかった気がします。
 「日本をあきらめない」と叫ぶよりは「議員年金廃止。国会議員削減」をアピールした方が、国民の支持を得られたと思うのは小生だけでしょうか。

 「議員年金廃止」は民主党の十八番でしたが、結局、自民、公明両党に手柄を持って行かれそうな感じです。
 郵政民営化法案にけりが付いた後の空白を「議員年金廃止」でまず埋めにかかる与党のアクションは周到で、したたかさを感じます。

システム40F 引出2段 R
システム40F 引出2段 R
| HOME | 政治・経済・国際 | 19:08 | - | trackbacks(0) |

http://picard.blog.bai.ne.jp/trackback/19508

ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< October 2021 >>
ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。  
infoseek
+ 記事の分類です
+ 過去の記事です
+ Thanks−COMMENTS
+ Thanks−TRACKBACK
+ LINKS
+ PROFILE