子育てパパのブログ日記(Blog・Trek)

ブログをお引っ越ししました。


ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
遺伝の常識覆す大発見と、進化論に関する米国世論調査
 9月2日付の生命科学に関する新聞記事2件。

 1つめは、DNA配列の7割に役割があったという遺伝の常識を覆す大発見!
 これまで、生命活動に役立つ部分はゲノムの2%程度で、ほとんどの領域は情報を持たない無意味な塩基の羅列だとしてジャンクと呼ばれていました。
 教科書の記載を改めなければならない研究成果です。

 もう一つは、米民間調査団体が行った世論調査で、米国民の4割が進化論を信じず、進化論を信じる約5割の米国民の内約2割は、「超越した存在(神?)が進化を導いた」と考えており、自然淘汰による生物進化を信じる米国民は26%にすぎないという記事。

 あまりに両極端な記事を同じ日に目にするとは、驚かされます。
 科学とキリスト教は、どういう関係を築いていくのか。
 小泉総理が郵政民営化をガリレオの地動説になぞらえてましたが、21世紀の今日でも、科学者はガリレオと同じ気持ちで研究を続けているのかも知れません。

河北新報ニュース DNA配列の7割に役割 理研、遺伝の常識覆す
DNA配列の7割に役割 理研、遺伝の常識覆す 生物が生命活動を営むための設計図となるDNA(デオキシリボ核酸)で、ほとんどの領域は情報を持たない無意味な塩基の羅列だとした従来の常識を覆し、実際は全体の70%以上が何らかの役に立っていることを、日本の理化学研究所を中心とする国際チームがマウスで突き止めた。2日付の米科学誌サイエンスに発表した。 マウスだけでなく人間でも同様とみられ、研究が進めば、病気の原因解明や新薬開発につながる可能性がある。 これまで「意味がある」と考えられていたのは、ゲノム(全遺伝情報)を構成するDNAのうち、「転写」と呼ばれる仕組みでRNA(リボ核酸)が作られ、さらにこのRNAからタンパク質が合成される領域だけだった。この領域が「遺伝子」で、全体の数%しか存在しないとされている。2005年09月02日金曜日

NIKKEI NET:主要ニュース
米国民の4割、進化論を信じず・民間団体調査 米民間調査団体ピュー・リサーチ・センターが発表した世論調査で、米国民の42%が「人間や生物は初めから現在の姿だった」と考え、進化論を信じていないことが分かった。神がすべての生物を創造したとする「天地創造論」を進化論とともに学校で教えるべきだと考える人は64%に上り、反対の26%を大きく上回った。 調査は7月7日から17日にかけて、18歳以上の2000人を対象に実施した。生物が進化によって現在の姿になったと考える人は全体の48%。そのうち18%は「超越した存在が進化を導いた」と考えており、進化論そのものを信じる人は26%にすぎない。 米国ではキリスト教右派を中心に「反進化論」の動きが台頭しており、ブッシュ大統領も学校で進化論以外の考え方を教えることを容認する発言をするなど論争が広がっている。(ワシントン支局) (18:14)

RINK>>ダーウィンの進化論に否定的な理論に関する日本語サイト



segatoys【セガトイズ】ホームスター(シルバー)
segatoys【セガトイズ】ホームスター(シルバー)

「「「「「「「「「「「「 ついつい怒ってしまう記事リンク 」」」」」」」」」」」」」」」
小林憲司・前民主党衆院議員を覚せい剤所持容疑で逮捕!
「竹下派七奉行」の一人だった、民主党・渡部恒三氏派の運動員が買収容疑で逮捕
  総選挙街頭演説に勤務時間中の弘前市職員が100人も、喝!
  大阪市ヤミ専従問題で労組が1億1200万円“自主返還”とは不可解な
日航機「部品落下事故」と「国土交通省」(喝!)
朝日新聞社が、総選挙関連でミスを連発!
総選挙・新党記事虚偽報道の朝日新聞社に「新聞協会賞」
| HOME | チョット聞いて | 08:36 | - | trackbacks(0) |

http://picard.blog.bai.ne.jp/trackback/16405

ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。  
infoseek
+ 記事の分類です
+ 過去の記事です
+ Thanks−COMMENTS
+ Thanks−TRACKBACK
+ LINKS
+ PROFILE