子育てパパのブログ日記(Blog・Trek)

ブログをお引っ越ししました。


ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
大阪市労組の「ヤミ駐車」と「ヤミ専従」のルーツ
社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
大阪市の地下駐車場、労組に無償提供…手続きなしで 大阪市が長年の慣行で、市役所本庁舎(北区)地下駐車場の数台分のスペースを市労働組合連合会(市労連)など労組3団体に無償提供していたことが20日、わかった。 届け出も使用許可の手続きもないままの〈ヤミ駐車〉で、市民が使う場合は有料なのに対し、労組の所有車は入り口を運転者らの“顔パス”で通っていた。職員厚遇問題を機に労使関係の正常化が求められる中、市は「明確な根拠もなく、無償提供を続けてきたのは不適切だった」と、今年度から使用料を徴収することにした。(略) 厚遇問題をきっかけにした労使関係の見直しで、市が労組の駐車場利用についても調査。市と労組の間で使用を巡って取り決めた記録がなく、慣行として無償で貸していたことがわかった。市役所地下1階に労組事務所があることから、便宜を図っていたという。 このため、市は今年度、労組から「使用願」を提出してもらい、2台分あたり年間約13万円、計約40万円の使用料を徴収することで6台分の使用許可を出した。 市役所の駐車場は本庁舎の地下2、3階。公用車などのほか、地下2階には市民用スペースがある。市民の利用料は、当初の30分間が150円、30分を超えて1時間までが300円。1時間を超えると30分ごとに200円ずつ加算される。(2005年9月20日14時43分 読売新聞)
 大阪市内の民間の駐車場だったら「2台分あたり年間13万円」とはいきません。
改善されたとはいえ、依然厚遇だと思います。

 さて、「ヤミ専従」の元凶となった、いわゆる「ながら条例」が府議会で改正されました。
 この「ながら条例」は昭和41年に施行されています。
 時の市長は、中馬馨氏です。


 昭和38年に大阪市長選挙は「大阪市政革新政治連盟」中馬馨氏VS「自由民主党」ワニ 俊二郎氏の一騎打ち。
 市労連から支援を受けた中馬馨氏が、自民党候補を倒して選挙を制しました。

 この中馬馨市長のもと、「ながら条例」が施行された構図は分かりやすいですね。
 こんな条例を成立させた当時の議会も大きな責任を負うものだと考えます。

 市労連は中馬・元市長から関・現市長まで連続五人の、助役出身市長にとって最大の支援組織であり、影響力を徐々に大きくして、市役所の駐車場に“顔パス”で入場できたり、勤務を装い給与を得ながら組合活動に”ヤミ専従”するような「特権」を手にしてきたようです。

 この構図からすると、関・現市長は、外部要因にきっかけを得たとはいえ、大きく舵を切ったと言えると思います。
 引き続き、市政改革に強い決意で望んでいただきたいと思います。

手のひらサイズの多機能ハンディGPSです。GARMIN(ガーミン) eTrex Legend日本版 25640 【ハンデ...
手のひらサイズの多機能ハンディGPSです。GARMIN(ガーミン) eTrex Legend日本版 25640 【ハンデ...

∬∬∬∬∬∬∬  公務員問題関連記事リンク  ∬∬∬∬∬∬∬
 修学旅行中に「飲食接待」を受けた中学教諭を懲戒免職
 「女王の教室」最終回視聴率25.3%、そして労基署職員の暴言
 札幌市の小学校教諭が組織的な「ヤミ専従」
 大阪市ヤミ専従問題の元凶、通称ながら条例改正へ
  総選挙街頭演説に勤務時間中の弘前市職員が100人も、喝!
 大阪市ヤミ専従問題で労組が1億1200万円“自主返還”とは不可解な

| HOME | 「ヤミ専従」等公務員・官庁問題 | 14:23 | - | trackbacks(0) |

http://picard.blog.bai.ne.jp/trackback/19383

ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ブログをお引っ越ししました。 こちらにお越し下さい。  
infoseek
+ 記事の分類です
+ 過去の記事です
+ Thanks−COMMENTS
+ Thanks−TRACKBACK
+ LINKS
+ PROFILE